猪瀬直樹×田原総一朗 第3回 いまこそ「言葉の力」を考える
「ブレない人たちは自分の世界を持っている」

vol.2はこちらをご覧ください。

猪瀬: 東京水道の海外進出を去年から始めたわけ、マレーシアに交渉に行ったりとかね。東京の水道っていう世界一の技術を持っているシステムを輸出しようと考えている。それはいいんですが、水道っていうのは厚生労働省、下水道は国土交通省、JICAとかそういう関係は外務省、それから地方公営企業法を所管しているのは総務省なのね。

 あと経済産業省が産業革新機構とかそういう政策金融を持っているでしょ。全部、都の水道局が回った。最後に僕が国家戦略大臣に会って話を付ければ終わるっていうとこまで行ったんだけど、国家戦略室のあの時副大臣の古川さん・・・

古川元久氏〔PHOTO〕gettyimages

田原: 古川元久。

猪瀬: で、結局なんにもわからないんだよ。中身がないんだよ、国家戦略室っていうのは。

田原: ないよね(笑)。

猪瀬: なんだか分からない。昔の自民党だったら、僕は道路族とぶつかったりしたんだけど・・・。

田原: 道路公団の民営化でね。

猪瀬: そう。道路族って岩盤がはっきりしているから、この岩盤にドリルで穴をあければいいんだなって分かるわけよ。民主党は機関がないからどこに穴をあけていいか分からないんだね。結局相手が幽霊みたいにいないんだものね、これはいちばん困るよね。

小泉元首相が話す「分かった」の意味

田原: なるほど。結局、国家戦略室がなにもないからどうしようもなかったと。

猪瀬: 空洞だからね、どうしようもない。だけどそれ関係なく、水道の輸出はいまやってますよ、マレーシアとか。

田原: ベトナムに行けばいいと思う。

猪瀬: ベトナムもいま考えてて話は進めているんです。基本的にはマレーシアをメインにして、オーストラリアにもコンサルに入ることになりましたからね、三菱商事と組んでね。まず国際経験をしていくことなんですよ、実は。

田原: それはそうだ。

猪瀬: 東京は地方公務員だけど、石原慎太郎さんは「首都公務員だ」って言っている。うまい表現だと思う。首都公務員が国際経験を持っていくには水道を自分で売り込んだりするという、そういうのを僕が旗立ててやるわけですね。

田原: 水道は分かったけど、地下鉄はどうなるの?

猪瀬: かなりいい線まで来ているけど、結局、当局がいないので困ってるんだよね。当局がいれば話を付けに行くんだけどね。小泉さんのときは小泉さんがいるから、「小泉さん、これでいいですね」「分かった、いいよ」って言って、道路局長とかに「これでもう行くから」と。

田原: 小泉さんは「分かった」と言うとあくまで責任を持ってくれるものね、そこは。

猪瀬: そうです。「分かった」と言うことは本当に分かっているから、要するに決断しているってことなんですね。細かいことは全部分からなくても「俺はこれでOKだよ」っていうのが「分かった」だから。

田原: 竹中平蔵さんが言ってた。郵政民営化をやると。自民党の部会どこへ行ってもボロクソにやっつけられる。最後は小泉さんが来て「やるんだあ!」って言うんだってね。何回も言ってくれたと。そこね。

猪瀬: そうです。「分かった」っていうことは、「俺が保証人になるよ」っていう意味ですからね。そしたら道路局長とかも「保証人いるからね。ここまでできるよね」っていうふうに話付けられるわけよね、そういうのがないと。いま中枢不在だから。

田原: 当局がないんだ、いま。そういう意味じゃ原発だってなんだってみんなそう。細野豪志っているでしょう。

猪瀬: 原発担当大臣ね。でも彼は十字架を背負わなきゃいけないね。

田原: ん?

猪瀬: 彼、若いでしょ。生涯十字架を背負わないといけないね。

田原: それはそうだよ。僕は次の次は細野だと思うけどね。

猪瀬: 十字架背負って彼に生きてもらうしか、もう民主党政権だけじゃなく自民党政権も含めて、この問題は戦後社会の問題だからああいう若い世代に生涯かけてやってもらいたいね。

田原: このあいだ文藝春秋も週刊現代も、総理大臣誰がいいかって、二つとも僕は細野豪志と書いた。

猪瀬: 僕は石破茂って書いたんだよ、文藝春秋の。

田原: 石破はいいけどね、自民党で孤立してるんだよね。

猪瀬: まあ、孤立してるんだけど。石破さんがいいと思ったのは、なまじっか秀才の連中っていうのはその都度その都度の流行でモードが変わっちゃうわけね。

田原: そう、変わっちゃう。

猪瀬: だけど小泉さんみたい変人は世界持ってるでしょ。小泉さんは多分うたた寝してても、ちょっと揺り動かされたら「郵政民営化!」ってこうなるタイプでしょ。石破さんもグーッとやってるから軍事の話ができる。去年も『昭和16年夏の敗戦』持って、8月2日に菅さんの初めてのあれ(衆議院予算委員会)に、「あなたは文民統制、分かっているのか!」って言って1時間半演説したからね、原稿見ないで。原稿見ないで喋れるヤツがブレないんだよ。原稿見るヤツはブレるけど、菅さんブレまくりだからね。やっぱりブレない人っていうのは世界を持ってる人だよね。

田原: そうだね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら