雑誌
リコールの嵐!
「自動車の父」片山豊100歳が怒る

トヨタよ、日産よ、ホンダよ 「キミたちは
クルマでなくカネを作っている」
トヨタ、日産、ホンダが続けてリコールを発表。トヨタだけでも改修対象車は全世界で延べ1000万台に及ぶ。相次いで発覚する「不具合」で、世界一と称されたニッポンの技術力は名実ともに地に落ちた。

走るのはレールの上じゃない

 片山豊。この名を聞けば、クルマ好きの多くが「フェアレディZ」を思い出す。「Z」の産みの親として知られ、米国で17年もの間、販売の最前線に立った。

 現在100歳。今でもかくしゃくとしている。地に落ちた日本の自動車産業をどう考えればいいのか。何が道を誤らせたのか。片山氏は怒りとともに、こう語る。

― 最強と言われたトヨタ自動車が、昨年71年ぶりに赤字に転落。'10年3月期も営業赤字を計上する見通しです。'09年は中国の自動車市場が米国を追い抜き、世界最大のマーケットになった。
自動車産業は大きな曲がり角にあり、欧米や日本の多くの自動車メーカーは経営的に苦しんでいる。

「トヨタだけでなく、日産もホンダも、今の日本の自動車会社の経営者は何のためにクルマを造っているのかね。クルマは単なる移動の道具ではなく、社会を豊かにするためのものという考えが欠落しているから、消費者から見放されているのではないですか。
20年以上前、米国の自動車産業の栄枯盛衰を描いた『覇者の驕(おご)り』の筆者で、ピューリッツァー賞を取ったデイビッド・ハルバースタムが私のところに取材に来て、『アメリカの自動車メーカーは儲けることだけを考え、良い商品が造れない。いずれ日本も同じ命運を辿(たど)ると思う』と語っていたが、その通りになった」

―トヨタは、「プリウス」などの新型ハイブリッド車4車種でブレーキに不具合が生じ、リコールに踏み切った。会見に立った豊田章男社長は「品質はトヨタの生命線」と強調して謝罪。品質でトップレベルを誇ってきた会社の失敗を、どう見るか。

「造った責任としてリコールするのは当たり前だが、これは大変なこと。最近のクルマ造りの根本的な問題が潜んでいると思う。
プリウスのブレーキシステムの不具合は、電子制御の問題。今のクルマは人間の操作能力を超えたコンピューターの塊だから、予期せぬことが起こる。クルマというのは本来、五官を働かせながら運転するから楽しいのだが、今は人間がクルマに操(あやつ)られている。クルマの構造をシンプルなものに戻さないと、今後も様々な問題が起こるだろうね。
クルマの技術は日々進歩しているが、走るのはレールの上ではない。路面は凍っていたり、熱かったり、舗装されていなかったりする。様々な状況下で走るし、しかも人によって、ブレーキやアクセルの踏み方も違ってくる。コンピューターがすべての条件に対応できるのでしょうかね。
乗り手もそのことをよく知った上で、新しいクルマを使わないと、どんなに進歩した機械もうまく働いてくれない。優れた馬でも、その性質を知らないで乗れば駄馬になってしまうようにね」