東京電力「解体」、そして「原発オール国有化!」

2011年04月15日(金) フライデー

フライデー経済の死角

upperline

「こちらは東電の発電部門と送電部門を分離し、送電部門を東北電力と合併させて『東日本電力』とするよう提案している。また、発電部門は関西電力と統合させればよいと考えている。これまで東電は原発内での事故や人為的ミスを隠蔽し、それが発覚したことでのトップ交代はあったが、組織の体質を揺るがすことはなかった。

 だから東電は今回の事態の大きさを見誤り、隠蔽や事態を過小に見積もっても最後は政界が守ってくれると勘違いした。首相の周りには、東電の資産を売却させて賠償に充て、減資をして国が買い取り国有化する案など東電解体に向けた案が出揃い始めている」

 国民不在のままこうしたプランが進む中、にわかに民主・自民両党の大連立という話が浮上した。東日本大震災への対応が急務だから、与野党が団結して「大きな政府」でことに当たるべきというのが表向きの理由だ。

「『オール民主党』すら満足に達成できないのに、何が『オールジャパン』だ」

次ページ  これまで、対小沢一郎(68・…
前へ 1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事