upperline

 宇宙の「黒」は、優しく僕を包み込んだ。日本科学者初の宇宙飛行士として、トップランナーの栄光と苦しみを一身に背負った毛利さんが宇宙に行って「得たもの」をリアルな言葉で語ってくれた。

取材・文 / 門倉 紫麻  撮影/ 神戸 健太郎

 ただただ、黒い。

 宇宙飛行士・毛利衛さんの目に映った宇宙空間だ。「絵の具の黒とは違う。吸い込まれてしまいそうな、深い黒です」

 そんな闇の中に、一人。どんなにか恐ろしい体験だっただろう。「いや、怖くはなかったですね。僕は『あたたかい』と思ったんです」

 あるものが、宇宙の黒に重なったからかもしれない。故郷・北海道で見てきた「煤」だ。「冬になると、石炭ストーブを使うんですが、煙突の内側に煤がつく。喩たとえるなら、あの黒なんです。炭には光を吸収する性質があるので、宇宙と似ているところがあるのかもしれませんね」

 そして、その黒の中に見たのは、青く輝く地球。「そのとき、地球が“本当にある“と実感した」

 その上に立っていては持つことのできない、強烈な体験だった。「宇宙に行くまでは、子供のころからずっと近くを見てきた。虫をよく観察したり、顕微鏡をのぞきながら実験をしたり。宇宙で、今度は遠くから見たら、あの時近くで見たものと、今遠くから見ているものは全部つながっているんだな、と思いました」

次ページ  遠くからと近くから。両方から…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事