モバイルテクノロジーにおける3つの重要トレンド
ユーザーから街の問題について報告が上がっている

 ここ1年ほどの間で、多くの人がスマートフォンを手にするようになりました。東京の通勤電車に乗ると、周りにいる人のほとんどがiPhoneを持っている、なんてことも頻繁にあります。

 スマートフォンは普及傾向にあるものの、モバイルテクノロジーそれ自体はまだまだ発展途上です。今後の発展次第では、私たちの生活や社会、ビジネスは大きく変わっていくでしょう。今回の記事では、海外の事例やウェブサービスに学びながら、今後のモバイル分野のトレンドを読み解いていきたいと思います。

1.場所に紐づいた情報の充実

「この道はいつもゴミがちらかってるな」「この曲がり角、カーブミラーがあるといいのに…」といった街に関する問題を、気付いた「その場」で携帯電話から簡単に改善要望を送ることができるGive a minuteというサービスがあります。このサービスのように、多くの人がモバイル端末を手にすることによって、場所に紐づいた情報がより充実してくるでしょう。

 GPS技術などの発展も考慮すると、今後、あらゆる情報に「どこで」という要素が入ってくると考えられます。例えば「いつどこでメールを送ったか」「いつどこで何の写真を取ったか」をモバイル端末が自動保存する、といった未来はすぐに訪れるでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら