岡田監督解任を話題にすらできない
「サッカー協会の事情」

W杯まで4ヵ月 2戦連続ドローに大ブーイング!
ベスト4なんて本気で狙っているの?
2試合続けて代表戦の観客数が3万人を下回った。
ファンは岡田監督、日本代表から離れ始めている。ただ、ウキウキワクワクするような試合を見たい。これは欲張った願いなのだろうか?
中国戦で途中出場した平山はジャンピングボレーを試みるが空振り。チームは無得点に終わってしまう
〔PHOTO〕長濱耕樹

「会見場に入ってきた岡ちゃんは目の焦点があわず、涙ぐんでいるようにも見えた。報道陣からは『犬飼会長にふがいない試合ぶりを怒られたのかな?』という囁きが漏れるほどでした」

 というのは現地で取材したカメラマン。実際、試合後の犬飼基昭日本サッカー協会会長は「このままW杯に行くんじゃ、話にならない」と怒り心頭だったから、岡田武史監督が会長に叱責され、ベソをかいたと思われても無理はない。

 W杯を目前に、まるで意気が上がらないサッカー日本代表。6日の中国戦は2月2日のベネズエラ戦に続き、2戦連続のスコアレスドロー。打てども打てどもシュートが枠に飛ばない。

 挙げ句、平山相太に至っては、アクロバティックなジャンピング"空振り"。真冬のあまりに"寒~い試合"に'07年12月の"第2次岡田政権"誕生以来、最強の逆風が吹いたのだった。

「『サイドから攻撃をしろ』という指示が出れば、選手はバカ正直にそればかり繰り返す。岡田JAPANの監督と選手の関係は、学校の先生と従順な生徒のそれで、プロとしての覇気もクリエイティビティーもまったくありません」(サッカー記者)

 開始30分こそ日本のペースだったが、以降は格下の中国に主導権を握られっぱなし。最大の見せ場は後半37分のGK楢崎正剛の"PK阻止"だけという情けなさ。判定なら軍配は中国に上がっていてもおかしくない、お粗末すぎる展開だった。プレーだけではない。岡田監督の采配にも首を傾げたくなることしきりだ。