経済の死角

封印された「人体への影響について」

誰が責任を取るのか

2011年04月13日(水) 週刊現代
週刊現代
upperline

それがあなたの可能性もある

「放射線被曝の影響については、かつて『しきい値論』というものがあり、ある症状の発症率が5%とか10%になる放射線量を境にして、それ以下は症状が出ないことにするという考え方だったのです。しかし、放射線の影響というものは個人差が大きい。まれに放射線に対する感受性が高い人がいて、こういう人は少ない線量でも影響を受けることがあります。

 テレビなどでは専門家まで『この量までは放射線を浴びても大丈夫』などと言っていますが、そういう話ではありません」

 こう語るのは、原爆被害者の調査などに携わってきた名古屋大学名誉教授の沢田昭二氏である。

 たしかに、枝野幸男官房長官やテレビに登場する学者たちの話には、「ただちに人体に影響はない」「当面、問題のないレベル」といった表現が頻出する。だが、われわれが気になるのは、いまこの瞬間にどうなるのかということだけでなく、将来的に大丈夫なのだろうかという問題である。「ただちに」「当面」といった表現では、この不安は一向に解消されない。

 当初は何マイクロシーベルトという単位だったのが、いつしか何ミリシーベルトという1000倍の単位で語られるようになり、最近では福島第一原発2号機の汚染水から通常の10万倍、1号機からも1万倍の濃度の放射性物質が検出されている。しかも、こんな状態がどれだけ続くかわからない今、長期的な影響を心配するほうが普通だろう。

 沢田氏が続ける。

「放射線の研究者が、いまだにCTスキャンで浴びる線量との比較をしていますが、これは間違っています。まず、被曝には内部被曝と外部被曝があり、CTスキャンのように瞬間的に外から浴びるのは外部被曝。野菜や水を摂取したり、呼吸したときに体内に取り込んでしまうのが内部被曝です。そして、内部被曝をシーベルトで測るのは非常に難しい。

 原爆被害者を調査したところ、爆心地から2・5kmも離れた地点にいたにもかかわらず、脱毛の症状が出た人がいました。これは、空から落ちてきた放射性物質を体内に取り込み、内部被曝してしまったからと考えられます」

 もちろん、原爆により爆風とともに放射線を浴びた人たちと、今回の事故のように長期にわたって放射性物質が漏れ、じわじわとそれを浴び続ける状態はまったく別のものだが、原爆被害でも「黒い雨」や「死の灰」などで、ごく低い線量の放射線を浴びた人は多かった。彼らのなかには、それから何十年も経って、がんなどに罹る人が出て、その割合は一般に比べて高かったことが知られている。それでも国は放射線との因果関係が不明だとして、こうした人々を、いわゆる「原爆症」と認めようとしなかった過去がある。

 だが、2003年から始まった原爆症認定集団訴訟では、'08年5月に大阪高裁が「国の認定審査では、低線量による内部被曝の影響を無視している」として、国に対して敗訴の判決を出したのである。

次ページ 「被爆者を調査した結果から推定…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事