雑誌
ご存知ですか 義援金は誰に渡るのか
新宿駅東南口で義援金を募る吉本興業の芸人たち

 毎日数十億円単位で集まる東日本大震災の義援金。著名人や大企業の募金額が景気よく発表されていく一方で、被災者へ届く様子は報じられない。我々の手元を離れた後の義援金の行方を追った。

募金詐欺もやりたい放題

 新宿駅西口の雑踏の中、歩道を挟んで2列に並び10人ほどの学生の一団が声を張り上げていた。

「私たちは東北出身の学生です! 東北関東大震災への義援金にご協力お願いします!」

 行き交う多くのサラリーマン、主婦が足を止め、硬貨を箱に入れたり、中には1000円、2000円を入れる人もいた。

 いま日本中に募金を呼びかける声があふれている。東日本大震災の被災者に対する義援金は史上最高額になると予測される。

 しかし「いったいあの金はどこにいくのか、本当に被災者に届くのか」---という疑問を感じている向きは多いのではないだろうか。

 もちろん多くは善意のものだが、なかには悪事をはたらく者もいる。警察庁に寄せられた義援金詐欺の相談件数は3月29日の時点で158件にも上った。

「相談は1日10件ペースで増えていて、被害届もすでに10件受理しています。『震災で不足している注射針を送るために金やプラチナを集めている』と老女を騙して指輪2個を詐取したケースなど、さまざまな詐欺が横行しています」(警察庁関係者)

 募金詐欺が横行するのには、こんな事情があった。