「契約は10月末まで」
中日・落合監督は日本シリーズに出ない!?

「監督の退任が発表された時、『最悪の事態』を想定しましたよ。会見に出てきたのは、球団社長だけ。監督の姿がなかったのです。しかも、今後も会見を開く予定はないというのですから、前代未聞ですよ。日ハムの梨田(昌孝)監督はちゃんと退任会見を開いたのに。『これはまだひと悶着ありそうだな』と思いました」(スポーツ紙中日担当記者)

 中日・落合博満監督(57歳)の解任騒動は、最後の最後まで予断を許さない状況が続きそうだ。

 というのも、落合監督が球団と結んでいた3年契約の期限は10月31日。一方、10月29日から始まるクライマックスシリーズ(CS)を経て、日本シリーズが開幕するのは11月12日。つまり、CSを勝ち抜いたとしても、日本シリーズ第1戦の時点で、すでに落合監督の契約は切れている。日本一を争う舞台に落合監督が出ない可能性があるのだ。

 そもそも、在任期間7年で3度のリーグ優勝、1度の日本一を果たし、今シーズンも激しい優勝争いを繰り広げた落合監督はなぜ退任するのか。その理由としては、監督の高額な年俸があげられている。'04年の監督1年目の推定年俸は1億5000万円だったが、Aクラスに入ったら2000万円、優勝したら5000万円というように、どんどん加算されていく契約になっていて、結果、今季の年俸は3億5000万円前後にまで膨れ上がっていたと見られている。

 だが、年俸や観客動員数の少なさというのは、「後付け」の理由に過ぎない。全国紙運動部記者が話す。

「とにかく、監督はサービス精神に欠けていて、親会社である中日新聞や中日スポーツの言うことをきかないし、情報も上げない。そのため、これらの新聞が先発投手の予想を外すなどの事故が起きた。だから親会社は監督への不満を募らせてきた。そんな8年に及ぶ積年の恨みが今回の解任劇の根底にあるのです」

 実は今シーズンから、これまで球団職員に認められてきた試合終了後のタクシー帰宅が制限され、試合開催日、職員用に用意されていた弁当の量を減らすなど、複数の経費節減策が講じられている。これらは、球団サイドが仕掛けた落合監督を辞めさせるための作戦なのだと、報道陣の間では考えられている。