雑誌
日産VSホンダ いまどっちが面白いか?
スポーツ度は?エコ度は?デザインは?・・・etc
単位:千台

 上の販売台数の表を見てほしい。長い低迷期の後、ゴーン社長が就任してから、いわゆるV字回復を果たした日産自動車が再びホンダを追い越したのが2003年度のこと。

 しかし、リーマンショックの影響が大きかったため、ホンダに国内、全世界販売ともに逆転されたのが2008年度。2009年度は再逆転したが、2010年度の国内販売対決はフィットが好調のホンダに対して、日産は新車攻勢がやや不発と予断を許さない。

評論家6人に聞いた年代別代表車

 ひところ日産とホンダといえばバリバリのスポーツモデルをラインアップするメーカーだった。スカイラインGT-RとNSXはいうに及ばず、シルビアとインテグラなど、トヨタにはない刺激的なクルマをラインアップし続け、クルマ好きに愛されてきたのが両社だ。ところが最近じゃすっかりとがったクルマがなくなってしまった。

「ホンダは業績好調だけど、おごることなくワクワクするようなクルマを作らないと、苦しい時に選んでもらえなくなりますよ」(松下宏)の声は読者の声を代表するものだろう。

 逆に、「ジュークのようなクルマが発売されるところに、日産への期待感を抱かせます」(片岡英明)といった声もまた読者と共通。

 さらに「日産がジュネーブショーで出展した新型ハイブリッドは大注目。プリウス級かもしれない」(国沢光宏)というように日産の技術力に注目。

 いまクルマメーカーとして面白いのはどっちだ? 商品力の比較から進めていこう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら