日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR?」がローンチ

 大量の個人から少額の資金提供を募る「クラウドファンディング」については、本連載でも度々紹介してきました。

 共有時代の「お金」の巡り方 13,500人の個人から94万ドルを集めた「iPod nano腕時計」 
「共感をお金に変える」ウェブサービスたち CampFire、MyDunkTunk

 これまで紹介してきたものはいずれも海外のサービスでしたが、3月29日についに、日本初となるクラウドファンディングサービスが登場しました。それが本日紹介する「READYFOR?」です。

共感・応援するプロジェクトに資金を拠出する

 こちらがREADYFOR?の画面です。複数のプロジェクトが表示され、個別の資金調達の状況をグラフィカルに知ることができます。

「READYFOR?」サイトより

 現在もっとも多くの資金を集めているのは「ソーシャルファーマー「トラ男」プロジェクト」です。「ソーシャルメディアを活用する秋田の若手農家集団「トラ男」が、安心できる最高のお米を直販する」、という何とも魅力的な響きを持つプロジェクトです。ツイッターやフェイスブックを使って日々の農作業の様子を発信し、顧客とのダイレクトコミュニケーションを試みる、とのことです。