雑誌
緊急研究 東海大地震「浜岡原発に迫る危機!」
フライデー
東海道新幹線など巨大インフラに電力を供給する浜岡原子力発電所(御前崎市)〔PHOTO〕夏目健司
東南海地震('44年)の被害状況(三重県大紀町錦周辺。同町にある『津波避難タワー』の資料写真から)

 この瞬間にもプレートは不気味に沈んでいる! 震動域が連動すれば、駿河湾から高知まで1000km沿岸が壊滅。発生までに残された時間はどれぐらいあるのか!

30年以内に87%の確率で

「いつか来る」と頭では分かっていながら、東北や北関東の惨状を目の当たりにするまで、「まだ大丈夫」と油断していた方も多いだろう。

 〝想定外〟という言葉が繰り返される東日本大震災とは異なり、東海地震は「明日来てもおかしくない」と警鐘が鳴らされ続けていたのに。

「内閣府の『中央防災会議』(会長・菅直人首相)が弾き出した87%という数字があります。これは '06年1月1日時点で、『今後30年以内に東海地震(M8.0)が発生する確率』を示したものです。中央防災会議の被害想定によると、静岡県、山梨県南部、愛知県東部にかけて激震し、7900人~9200人が死亡します(朝5時発生の場合)。

 激甚な被害を出した東日本大震災より小さく見積もられていますが、地震の被害はマグニチュードや津波の高さで決まるものではありません。その土地に住む人の防災意識が大きく影響してくるのです。東海地域に住む人は、大震災の危険を指摘されているため、防災意識は高い。しかし、それは今回たくさんの死者が出てしまった宮城県でも同じでした」(東京大学地震研究所・大木聖子氏)

 だからこそ、私たちは東海地震と、その背後にある〝核の脅威〟に備えて一層気を引き締める必要がある---。まずは東海地震のメカニズムを理解しておこう。ご存知の通り、日本列島は互いに影響しあう4つのプレートの上に乗っている。

「日本の南海にあるフィリピン海プレートは年間3~6cmのスピードでユーラシアプレート(陸のプレート)に潜り込み、地面を引きずり込んでいます。そして、引きずり込まれたユーラシアプレートはある程度まで沈むと、摩擦に耐えきれなくなってバネのように反発する。これが東海地震のメカニズムです。

 過去の東海地震を振り返ると、この反発は大体100年~150年周期で起きることが分かっています。1854年に起きた直近の東海地震(安政東海地震=P4の図参照)から、現時点ですでに150年以上経過しているので、ユーラシアプレートにはかなりのエネルギーが溜まっており、反発のタイミングを窺っていると考えられるのです」(名古屋大学地震火山・防災研究センター、鷺谷威教授)

 前述のように、中央防災会議がまとめた東海地震の被害想定では、7900人~9200人が死亡し、断水人口が約550万人、停電人口が約520万人に上ると計算されている。激震で静岡、山梨県南部、愛知県東部などを中心に約17万棟、津波によって静岡、三重などの沿岸部を中心に約7000棟が全壊し、地震発生から1週間後には約190万人が避難生活を余儀なくされる。

 約41万kgの米と約5500klの飲料水が不足し、地域内で対応困難な重傷者は約2万7000人を数える恐れがある。この想定書には、予知情報に基づく警戒宣言が発令された場合、「死者は最大2300人に抑えられる」と附記されているが、今回の大地震がまったく予期できなかったことや、過去の実績が乏しいことを考えると望み薄だろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら