内藤忍「東日本大震災で失ったもの、得られたもの」
リレーコラム「Be ambitious!」第2回

 3月11日午後2時46分。私は、六本木ミッドタウンにいました。人間ドック受診で、腹部検査をしようとベッドに横になっていると、いきなりビル全体が揺れ始めました。「また、地震か」と最初は軽く見ていたのですが、揺れが一段と激しくなり、長時間続くうちに「今回はかなり大きいぞ」と恐怖に変わっていました。

 携帯で家族の安否を確認し、建物の外に避難。そこで電車が止まってしまったころがわかると、2時間以上かけて自宅まで歩いて帰りました。そして、テレビを見て津波のすさまじさに茫然としました。

 それからの日本は、今までとは違う「別の国」になってしまいました。

 東京で生活している私には、東北地方の被災地の状況はテレビでしか見ることができません。しかし報道から聞こえてくる、暖かい食事が食べたい、夜寒くて寝れない、灯油が無いから2時間しかストーブをつけられない・・・といった高齢者の方の声を聞く度に、その厳しい状況に胸が痛みます。さらに、原発事故によって避難をしている方、農作物の放射性物質汚染に悩む農家の方・・・厳しい状況はまだ当分続きそうです。

震災の中で見つけた希望

 しかし、このような悲しい毎日の中にも、いくつかの希望があります。

 1つは、海外からのサポートです。

 今回の震災発生後、世界中から寄せられた物理的そして精神的なサポートは、予想を超えるスピードと規模でした。アジアだけではなく、アメリカや欧州からもたくさんの応援メッセージや義援金が集まり、政府だけではなく、アーティストやアスリートから一般の市民の方まで本当に勇気づけられました。

 この20年、バブル崩壊後の日本は経済の低迷、社会の閉塞感の中で自信を失っていました。震災後の日本人の冷静な対応が、世界から賞賛されている。このことは、日本人が失っていた自信が回復するきっかけになると思います。