2011.10.19(Wed) 株式会社ブランド総合研究所

近江牛うどんが優勝---全国ご当地うどんサミット

筆者プロフィール&コラム概要

 全国9府県13団体のうどんが集まった「第一回 全国ご当地うどんサミットin滋賀」が10月2日(日)、滋賀県東近江市の八日市駅前商店街、本町商店街にて開催された。

 本イベントは、うどん文化の発展、ご当地グルメの振興を目的に、滋賀県製麺工業組合などで組織された全国ご当地うどんサミット2011実行委員会が主催。今年が第1回目の開催となる。

 記念すべき第1回大会の優勝は、地元・東近江地域の滋賀県製麺工業協同組合が出展した「近江牛うどん」。うどんの麺は滋賀県産小麦「ふくさやか」を100%使用、メイン具材の牛肉は「近江牛」、さらに滋賀県の醤油組合が作り上げた「だし汁」で仕上げ、徹底的に滋賀県にこだわった「近江牛うどん」が最も会場の人気を集め優勝に輝いた。

 その他にも、カレーうどんの底にとろろご飯が入り、最後にカレー雑炊が楽しめる一杯で二度美味しい「豊橋カレーうどん」や、うどんのメイン具材にたこ焼きを入れた大阪粉モンの夢のコラボレーション「たこ焼おうどん」などの斬新なうどんも登場。会場には約1万5千人が訪れ、商店街を埋め尽くすほどの人で賑わった。

 

 


日時:2011年11月10日(木) 19:00~21:00(受付開始:18:30~)
場所:株式会社講談社本社 講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部

 

詳細はこちら>>>

 


日時:2011年11月27日(日) 15:00~17:00(受付開始:14:30~)
場所:株式会社講談社講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■入場 :無料
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部


詳細はこちら>>>

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。