スタートアップのためのチェックリスト

 今回の記事では、「スタートアップとして起業をする際に気をつけるべきこと」をまとめました。日々取材をする中で、特に成功している企業を観察した結果生まれたチェックリストです。

 あくまでブロガーという立場からのリストではありますが、ウェブサービスを使った起業を考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

解決すべきユーザーの課題は明確か?

 しばしば見られるのが、「具体的にどんなユーザーの課題を解決したいのか分からない」サービスです。

 「位置情報とインタレストグラフを合わせたサービス」「位置情報とQ&Aを合わせたサービス」のように、テクノロジ―から入ってしまうと、得てしてユーザーの課題解決にならないサービスが生まれてしまいがちです。サービスを創る際は、テクノロジ―ではなくユーザーの課題からスタートしましょう。

 ウェブサービスというものは、私たちが抱えている課題を解決してこそ価値があります。喉から手が欲しい、無いと生活が不便になる、そんな製品を作るべきだと私は考えます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら