ソーシャルウェブが未来を創る!
2011年10月18日(火) イケダ ハヤト

スタートアップのためのチェックリスト

upperline

 今回の記事では、「スタートアップとして起業をする際に気をつけるべきこと」をまとめました。日々取材をする中で、特に成功している企業を観察した結果生まれたチェックリストです。

 あくまでブロガーという立場からのリストではありますが、ウェブサービスを使った起業を考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

解決すべきユーザーの課題は明確か?

 しばしば見られるのが、「具体的にどんなユーザーの課題を解決したいのか分からない」サービスです。

 「位置情報とインタレストグラフを合わせたサービス」「位置情報とQ&Aを合わせたサービス」のように、テクノロジ―から入ってしまうと、得てしてユーザーの課題解決にならないサービスが生まれてしまいがちです。サービスを創る際は、テクノロジ―ではなくユーザーの課題からスタートしましょう。

 ウェブサービスというものは、私たちが抱えている課題を解決してこそ価値があります。喉から手が欲しい、無いと生活が不便になる、そんな製品を作るべきだと私は考えます。

ターゲットユーザーへのヒアリングは行ったか?

 Appleはマーケットリサーチしない、というスティーブ・ジョブズの金言がありますが、私たちはスティーブ・ジョブズではありません。本格的に開発を始める前にターゲットユーザーへのヒアリングを十分に行うことは、失敗を避けるためにっても重要です。

次ページ  例えば、家族向けのアプリを作…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事