日本からスタートしたのにわずか1年で中国・インドに持っていかれてしまったエール大学の「次世代リーダー交流」
米名門の力の源泉はネットワーク力
筆者とエール大学のレビン総長

実は日本から始まっていたエール大グローバル化

 アメリカの大学の強さは研究や教育だけではない。ネットワーキングの力も強大である。ネットワーキング力でエール大のグローバル化が勢いを見せている。17年間、総長の座に君臨するリチャード・レビン氏そしてリンダ・ロリマー副総長のコンビが素晴らしい仕事をしている。一言でいえば「エール大学は世界の次世代リーダーにツバをつけている」のだ。

 実は発端は日本だった。理由はレビン総長とのパーソナルなつながり。川口頼子元外務大臣がレビン総長のエール大院でのクラスメートだったのだ。その関係で、Yale Government of Japan Leadership Programがスタートしたのだ。時は2006年。日本の国会と政府の将来幹部をエール大人脈に取り込む試みだ。

 川口頼子参議院議員を筆頭に、私も含めた当時の与野党の衆参議員5名、各省庁から中堅幹部クラス9名、メディアから編集委員クラス2名の計16名がエール大学に招かれた。

 プログラムは二週間。最初の一週間はニューヘイブンにあるエール大キャンパス滞在。ここでエール大が誇る教授たちとグローバルなイシューについて自由討論形式で議論。メンバーがすごかった。行動経済学の大家ロバート・シラー教授、日本政治研究の第一人者フランシス・ローゼンブルース教授、二兆円を超えるエール大の基金運用を担当するディビッド・スウェンソン氏ら。他にもメディカルスクールやロースクールから医療政策や資本市場法制の大家が登場。レビン総長自身も毎回教室に登場し、われわれとともに自由討論を楽しんだ。

議員も官僚もマスコミ人も立場を離れ学生に戻った気分で、英語で遠慮なく議論。永田町では、政治家と官僚が思い切り本音で議論する機会はほとんどない。加えてメディアの人間も加わっての自由討論などまず存在しない。英語でしかも気さくなアメリカの大学教授が混じっていることもあって、議論に花が咲いた。論説委員や財務官僚や外務官僚と国家を思い、本音で議論した体験はかけがえのないものであった。

壮大なスケールの美術館や博物館等エール大の持つ豊富な資産もすみずみまで見せてもらいリフレッシュ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら