社会

雑誌
地名読めない 空気読めない
女子アナたちの「M9・0」

 一連の震災報道で、株を下げた女子アナが多数いる。

 まずはフジテレビの秋元優里アナ(27歳)。12日の菅直人首相の会見中に、「アハハッ、笑えてきた」などの音声が混線し、放送された。これを台湾のテレビ局が、声の主は秋元アナだったと断定的に報じ、騒ぎが大きくなった。TVライターの上杉純也氏もこう語る。

「普段から秋元アナの番組を見ている僕の耳から判断して、ほぼ間違いなく秋元アナの声でしょうね。緊急特番なのに緊張感が足りない」

 TVコラムニストのさとうみゆき氏も秋元アナにはこう手厳しい。

「津波の被害現場をレポートする記者に対して、スタジオから『やっと(水が)引いてきたってとこですかぁ?』とタメ口で映像を見れば分かる質問を繰り返していました。また岩手県大槌町を、第一報ではルビがふってあったようで正しく読めていましたが、2回目に読み上げるときは一瞬絶句して、『おおつきちょう』と誤読していました」

 フジテレビでは、生野陽子アナ(26歳)も、核燃料加工会社「JCO」を「JOC」(日本オリンピック委員会)と言い間違えていた。これはまだしも、フリーの安藤優子氏(52歳)のファッションはいただけない。

「地震発生の2日目にして、安藤氏はいつもの胸元が開いたファッションで登場。また遠藤玲子アナ(28歳)も、肩、二の腕あたりがシースルーの衣装でした」(前出・さとう氏)

 他局では、テレビ東京の大江麻理子アナ(32歳)が、13日にツイッターで「最悪の事態が起こってしまったかもしれない・・・どうか神様、日本をお救いください」と発信し、インターネット上でパニックが起きた。

 そしてなかでも、一番の失態を演じたのが、日本テレビの鈴江奈々アナ(30歳)。13日夜、計画停電の情報を伝える際に、地名の読み間違いを連発したのだ。

「小山市」(栃木県)を「こやまし」と読み上げ、続いて「五霞町」(茨城県)を読めなかったことで、隣の男性アナに代読され、鈴江アナは大慌て。「飯能市」(埼玉県)を「のしろし」、なぜか「大磯町」(神奈川県)を「いそごまち」、「若葉区」(千葉市)を「わかばやしく」、「西東京市」を「ひがしとうきょうし」と言い間違えた。

 さらには、「千代田町」(群馬県)を「千代田区」、「深谷市」(埼玉県)を「ふかがやし」と読んだ挙げ句に、「行田市」(埼玉県)でフリーズし、見かねた隣の男性アナが小声で読みを教えていた。

「落ち着いてください」

 まずは自分自身にそう言うべきだった・・・。
 

現代ビジネスブック 第1弾
田原 総一朗
『Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった』
(講談社刊、税込み1,575円)
発売中

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。