賢者の知恵
2012年07月06日(金) 週刊現代

新・職場の考現学
なぜ彼らは「残念な人」で終わるのか
やがて寂しき東大卒

週刊現代
upperline

 日本にこれだけ特別な大学は他にない。良いときは「さすが東大」。悪いときには「東大なのに」。背負った名前の大きさに翻弄される人もいる。プライドにとらわれた世の「東大卒」の悲しい現実。

リスクを取るのは少し苦手

「40代半ばを過ぎたころから、大学の同窓会への出席者が増えました。ちょうど自分の出世の限界が見えてくる年代であり、かつてのクラスメイトたちがそれぞれの職場でどんなポジションなのか気になり始めるからでしょうね」

 そう話すのは、東大経済学部卒で、現在は大手証券会社で働く50代の古川康弘氏(仮名)である。

 古川氏によると、中年の東大OBが集まる同窓会には一種特有の空気が漂っているという。

「みんな40代前半までは自分はエリートコースを歩んでいると思い込んでいた連中ばかりです。でも、当然ながら民間企業で役員になれるのは、ほんのひと握り。自分は出世コースからもう外れてしまったと悟った人たちが、なんだみんなも同じじゃないかと安堵するのがこの年代の同窓会なんです。

 そうした場で自分よりも不幸な境遇の同窓生の消息を耳にして、自分の優位さを確認する。これが東大OBの同窓会の実態なんですよ」

 彼らが日本の最高学府、東京大学を卒業したのは、いまから30年以上も前の話。入社当時は部署内でも「東大卒社員がやってきた」と注目され、受験勉強で培った要領の良さや、官庁や一流企業に散らばった東大時代の華麗なる人脈を駆使し、40代までそこそこ順調に出世してきた。

 ところが、50代を迎えたとき、ふと気づく。勉強は明らかに自分のほうができたのに、出世レースで自分の前を走っているのは、そこらの私大卒ばかりじゃないか。自分はどこで間違ったのだろうか。

 経済評論家の山崎元氏(東大経済学部卒)は、東大卒サラリーマンの会社人生における典型的な「晩年」についてこう語る。

「東大を卒業し、大手企業に入社というキャリアを歩んだとしても、45歳くらいになって先が見えてくると、第二の人生を考えなければなりません。銀行など金融機関の場合は、役員になれなければ50歳前後で関連会社などに出向するケースがほとんどです。大手メーカーでも、50代前半までに、子会社へ出向する人が多い。そうした厳しい現実をつきつけられる年代になると、エリート意識が強かった人ほど、寂しさを強く感じるようです」

 前出の古川氏の同窓会の出席者にも、「人事部付が半年以上も続いて、やっとクレジットカード会社の不良債権を買い取る会社に取締役で出向することが決まった」という大手銀行の部長だった男性がいたり、「社員が30人くらいしかいない事務代行の子会社で部長になった」という大手鉄鋼会社の元次長がいたりする。スタートは華やかだった東大卒サラリーマンたちも、ごく一部の人間を除き、最後は社内の「その他大勢」の一人として、会社人生を終える。

次ページ  学歴エリートが、サラリーマン…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事