雑誌
衝撃レポートもう払えません!
消える老後の「安心」
年金「一律5万円」時代に

長年のツケが生んだこの難題からはできれば目を逸らしたい〔PHOTO〕gettyimages

 安心がウリだったこの制度は、とっくに死に体だ。「毎月これしかもらえないなんて・・・・・・」と憂いても、ないものはない、とお偉いさんに開き直られる。挙げ句の果て、どんなに年を取ってももらえない。

あと4年

「この国の年金積立金は、何もしなければあと4年ほどで底をつきます。年金積立金は、保険料収入で支払いが賄えない部分を補填するための資金ですが、これが枯渇しかけている。要するに、年金制度はいまや崖っぷちにあるのです。

 年金支給開始年齢を65歳に引き上げるので、しばらくはもちますが、事態は非常に切迫しています。もはや保険料を上げ、同時に支給額を減らしていく以外、年金制度を維持することはできなくなりつつある。それが、この国の現実です」(年金評論家で社会保険労務士の田中章二氏)

 こんな恐ろしい近未来を想像してほしい。

 約40年勤め上げた会社を退職し、悠々自適の老後を楽しむはずだった。ところが、年金の支給開始年齢が、制度維持のため65歳から70歳に引き上げられることに。さらに5年間、退職金を取り崩しながら、耐え忍ぶ生活・・・・・・。

 ようやく70歳が近づき、年金を心待ちにする毎日。しかし、さらなるショックが襲う。支給年齢の引き上げだけでは制度が破綻することが分かり、支給額の大幅カットが強行されたのだ。ようやく手にする命のカネ=年金。だがその額は、たったの「月5万円」にまで引き下げられていた---。

 これは決して、絵空事ではない。すでにこの国では、〝現在進行形〟で起きていることだ。厚生労働省は9月29日、社会保障審議会年金部会に、年金支給額を引き下げる案を提示した。

「早ければ来年度から早速実施される予定です。支給額を減らすなど、本来は大変な問題ですが、年金部会では、『速やかに実施したほうがいい』との声が優勢を占めました。これは、〝終わりの始まり〟です。今後、支給額の引き下げは、年金の危機が取り沙汰されるたび、繰り返し実施されていくことになるでしょう」(全国紙経済部記者)

 現在、定年を迎えた夫婦がもらう公的年金の平均受給額は、国民年金(基礎年金)と厚生年金を合わせて、月額約23万円。今回の措置で、彼らの世帯では月に2000円、年間約2万4000円の減額になるという。これをきっかけにして、今後はなし崩し的に年金がどんどん減額されていくであろうことは、間違いない。

 冒頭で紹介したように、年金財政は、もはやパンク寸前の状態だ。

「'09年度の公的年金の収支状況は、国民年金が5兆1347億円の収入に対し、5兆3598億円の支出で、2251億円の赤字。厚生年金の収入は34兆2530億円に対し、支出が38兆7813億円、4兆5283億円の赤字です。双方合わせて、4兆7534億円もの赤字になっています。それに運用損も加わり、年金積立金を取り崩して補っている。積立金は、ピーク時に150兆円もありましたが、数年で30兆円も減り、約120兆になってしまった」(日本年金機構関係者)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら