雑誌
衝撃レポートもう払えません!
消える老後の「安心」
年金「一律5万円」時代に

長年のツケが生んだこの難題からはできれば目を逸らしたい〔PHOTO〕gettyimages

 安心がウリだったこの制度は、とっくに死に体だ。「毎月これしかもらえないなんて・・・・・・」と憂いても、ないものはない、とお偉いさんに開き直られる。挙げ句の果て、どんなに年を取ってももらえない。

あと4年

「この国の年金積立金は、何もしなければあと4年ほどで底をつきます。年金積立金は、保険料収入で支払いが賄えない部分を補填するための資金ですが、これが枯渇しかけている。要するに、年金制度はいまや崖っぷちにあるのです。

 年金支給開始年齢を65歳に引き上げるので、しばらくはもちますが、事態は非常に切迫しています。もはや保険料を上げ、同時に支給額を減らしていく以外、年金制度を維持することはできなくなりつつある。それが、この国の現実です」(年金評論家で社会保険労務士の田中章二氏)

 こんな恐ろしい近未来を想像してほしい。

 約40年勤め上げた会社を退職し、悠々自適の老後を楽しむはずだった。ところが、年金の支給開始年齢が、制度維持のため65歳から70歳に引き上げられることに。さらに5年間、退職金を取り崩しながら、耐え忍ぶ生活・・・・・・。

 ようやく70歳が近づき、年金を心待ちにする毎日。しかし、さらなるショックが襲う。支給年齢の引き上げだけでは制度が破綻することが分かり、支給額の大幅カットが強行されたのだ。ようやく手にする命のカネ=年金。だがその額は、たったの「月5万円」にまで引き下げられていた---。

 これは決して、絵空事ではない。すでにこの国では、〝現在進行形〟で起きていることだ。厚生労働省は9月29日、社会保障審議会年金部会に、年金支給額を引き下げる案を提示した。