雑誌
南相馬・現地ルポ
ストロンチウム続々検出!「避難者を 自宅に戻す」のは早すぎる

小学校の生け垣に生い茂った草を手作業で除染していく。しかし、校内の草木はまだ手つかずのままであった〔PHOTO〕郡山総一郎(以下同)

 国は「緊急時避難準備区域」を一斉に解除したが、あまりに危険ではないか。南相馬市議が研究所と行った放射能汚染調査では、驚愕の結果が出ていた!

「何についても、解除するっていうのは、『原因を解決したので、もう戻ってきても安全ですよ』というのが前提のはずでしょ。だけど今回の解除なんて、放射線量の問題とか解決されていないままだ。解除だって言っても、誰も戻って来れないよ。何のための解除ですか!」

 福島県南相馬市に住む自営業の男性(50代)が怒りをぶつける。

 政府は9月30日、福島県内に設定していた「緊急時避難準備区域」を解除した。緊急時避難準備区域とは、福島第一原発から半径20~30km圏内で、年間放射線量が20ミリシーベルト未満のエリア。南相馬市、田村市、川内村、楢葉町、広野町の5市町村の一部に設定されていた。区域内には、子供や妊婦は立ち入らないようにし、緊急事態に備えて避難や屋内退避ができるよう準備することが求められていた。政府によれば、「原子炉の冷却が安定的に進み、緊急事態が発生する可能性が極めて低くなった」というのが、解除の理由である。

 同区域内に住んでいた住人は計約5万9000人で、そのうち2万8000人程度が区域外に避難しているとみられる。住民にとっては朗報のはずだが、冒頭のコメントにあるとおり、不安は解消されていない。

「政府が緊急時避難準備区域を解除したのは、原発の再爆発の可能性が低くなったというのが主な理由で、放射線量が低くなったからというわけではない。国際的に事故の収束をアピールしたいがためです。自治体側の、避難した住民に早く戻ってきてもらって町の復興を進めたいという意図もある。今回の決定は、〝まず帰宅ありき〟なのです」(地元紙記者)

 冒頭の男性が続ける。

通学路を高圧洗浄機で除染する作業員。除染の際、水煙は舞い上がり、流れ出た物質は排水路で濃縮される

「ここで生まれ育ったんだからここに住みたいよ。でも本当に安全なのか。自分たちはいいにしても、子供も孫もまだ来れないでいる。我々がモヤモヤしているのは、行政がはっきりしないからです。ダメならダメと言ってほしい。それならしょうがない。腹をくくってこれから先に進まなければならない」

 緊急時避難準備区域の解除を素直に喜んでいる人は、ほとんどいないようだ。

文科省も土壌汚染を発表

 そんな折も折、地元の市議の調査で、南相馬市の一部地域からストロンチウム90が検出されたことが明らかになった。南相馬市議・大山弘一氏が明かす。

「今年7月下旬に2日間にわたって、横浜の同位体研究所の所長である塙章先生と一緒にサンプルを採取しました。調査区域は、南相馬市原町区の太田川上流から下流までの地域です。その結果、今回、解除されたエリアからもストロンチウムが検出されました」

 大山市議が調査したのは、南相馬市内の20~30km圏内にある計17ヵ所。そのうち、以下の4ヵ所からストロンチウムが検出されたのだ。

(1)原町区片倉(川砂)・33ベクレル/kg
(2)原町区片倉(苔)・95ベクレル/kg
(3)原町区片倉(雨樋)・1113ベクレル/kg
(4)田中地区(川砂)・100ベクレル/kg

 このうち、(4)の田中地区は今回、解除された緊急時避難準備区域内にある。政府と南相馬市が避難民に帰宅を促しているエリアから、100ベクレルものストロンチウムが検出されたのである。内部被曝の観点から見て、ストロンチウムはセシウムより怖いとされる。元日本原子力研究所研究室室長・笠井篤氏が説明する。

「ストロンチウムは、化学的性質がカルシウムと非常に似ている元素で、人体に入ると骨に定着します。そうすると、骨髄などの造血器官が放射線で傷つくため、白血病が誘発される。セシウムが集まりやすい筋肉よりも、骨は代謝されにくいので非常に厄介です。放射性物質が体内に入って半分になるまでの期間を生物学的半減期といいますが、セシウムは100日で半分になる。一方、ストロンチウムは約50年です。同じ量のセシウムとストロンチウムが体内に入ったと仮定すると、ストロンチウムのほうがはるかに被曝線量が高くなるのです」

南相馬市内の人家の庭先で放射線量を測る大山市議。ここからストロンチウム90が1113ベクレル/kg検出された

 そんな危険な物質だというのに、これまでストロンチウムの検出結果についての国の発表はなぜか遅れた。それには理由があるという。笠井氏が続ける。

「セシウムがあれば、必ずストロンチウムもあります。ただ、ストロンチウムは測定に時間がかかる。分析する専門機関が非常に少なく、しっかり測定しようとすると2週間かかります。だからデータがあまり上がってこないんです」

 測定されていないだけで、実際はストロンチウムに汚染されている地域が相当あるということだ。

 そのストロンチウムの汚染状況について、文部科学省もようやく発表した。緊急時避難準備区域が解除された同じ日に、福島第一原発周辺の土壌の分析結果を発表したのだ。

 今年6月から約1ヵ月かけて、80km圏内で土壌を採取して調査したもので、ストロンチウムの最高数値は、20km圏内の福島県双葉町の5700ベクレル/m2(註)。注目すべきは、前出の大山市議の調査結果と同様に、今回解除された緊急時避難準備区域である南相馬市(3ヵ所・600、260、160ベクレル/m2)、田村市(1ヵ所・610)、川内村(3ヵ所・380、130、39)、広野町(5ヵ所・220、150、120、76、61)からもストロンチウムが検出されている点だ。

 南相馬市だけではなく、福島県の広い範囲でストロンチウムが検出されているのだ。また、原発敷地外としては初めてプルトニウムの検出も確認されたのである。全国紙社会部記者が言う。

「文科省は、検出されたプルトニウムやストロンチウムの沈着量が、セシウムに比べて微量なので、今後もセシウムに着目するのが適切だとしています。『無視しよう』という態度がみえみえです」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら