upperline

「ここに2,000世帯が暮らす住宅があったんです」、「昨日もここから遺体が発見されました」、「向こうは水がひいていないので探しようがない」・・・被災地の現場は想像以上に凄惨だった。

  ある飲料会社の工場は津波に襲われ、工場の外にビールやお茶などの飲み物が山のように積み重なっていた。その山の中から、ビールや発泡酒以外のお茶などの飲み物をもっていく光景がみられた。

 私は、3月14日(月)、被災地の現場に入った。M7級余震の可能性は70%だったが、危険を冒してでも現場を見て被災者支援を考えるのは政治家の使命だという切実な思いからだった。地震直後に被災地に入った小熊慎司参議院議員を先頭にみんなの党チームは、松田公太、柿沢未途、中西健司、桜内文城各議員、それに被災者でもあり、親族を津波で亡くした菊地文博支部長だ。

 もちろん、人命救助を邪魔しないよう細心の気を配った。行政に頼らず、当たり前だがマスコミに伝えたりもしなかった。民間ベースの支援として現地に入り、被害の大きい仙台市宮城野区をはじめとした被災地の避難所に直接支援物資を届けた。

 被災地の現場をみると、やはり「百聞は一見に如かず」だった。

 まず、仙台市内の役所などには、支援物資が山のように届いている。しかし、それが、被災者の避難所に届いていないのだ。それは、市の指定避難所であろうと、指定外の避難所であろうと似たようなものであった。

次ページ  私たちが自然発生的に立ち上が…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ