本邦初公開 名医のダイエット

リバウンドしない  夕食は好きなものを食べる

(週刊現代)

「○○ダイエット」という情報で溢れかえっている現在、いったい何を手本としたらいいのか。本誌は減量に成功した医師たちに話を聞いた。医学的知識を持つ彼らこそ、正しい方法を知っている---。

「○○ダイエット」という情報で溢れかえっている現在、いったい何を手本としたらいいのか。本誌は減量に成功した医師たちに話を聞いた。医学的知識を持つ彼らこそ、正しい方法を知っている---。

酒はOK、炭水化物はダメ

「僕は47歳のとき、3ヵ月で約20kgも痩せましたよ」

 そう語るのは、婦人科系がん治療の名医である東京医科大学(新宿区)産科婦人科学教室教授の寺内文敏医師(50歳)。身長179cmで、現在の体重は65kgほどの寺内医師だが、ピーク時の体重は85kgだった。

「太りだしたのは40歳を過ぎてからです。食事時間が不規則なうえ、出前ばかりで、どうしても脂っぽいものが多かった。月7回ほどある当直の日になると、夜中の12時過ぎにトンカツ定食みたいなものを食べて、すぐ仮眠するものだから、太るのは当たり前です。

 がんの手術では執刀医は立ちっぱなしで5~6時間かかることはざらです。長いときは10時間近くになることもある。それが、だんだん手術が終わると膝がガクガクするようになった。これは体重の影響だと分かりましたので、ダイエットすることにしたんです」

 多忙ななかで、現在の体重に戻すことができたのは、寺内医師が考え抜いた減量法を実践したからだ。

「そもそも肥満は摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスが原因で起きる。そこで、常に消費カロリーが摂取カロリーを上回る生活をしようと決めました」

 寺内医師は消費カロリーを増やすには、脂肪を燃焼させる有酸素運動が一番だと考え、週3回、スポーツジムで30分間水泳をすることをノルマにした。

「筋トレをして筋肉がつきすぎると細かい動きができなくなり、外科手術が下手になってしまう可能性があるんです。だから、筋肉量は落とさず体脂肪を減らすために、水泳を選びました。

 基本的に水泳は苦手で、しかも、クロールしかできない(笑)。最初は500m泳ぐのが精一杯でした。でも、クロールの酸素消費量は他の泳法よりずっと多くて平泳ぎの約2倍です。海外の学会に行くときもプールのあるホテルを選んで、空き時間に泳いでいました。帰国した日に成田からプールに直行という日もありましたね(笑)」

 食事面でも摂取するカロリーを設定し、それを超えないよう心掛けた。

「成人男子で私の体型だと、日常生活で消費するのは約2000kcal。そこで、1日の摂取量を1700kcal以下、1週間で1万1900kcalと設定しました。ですから、体重計に乗るのも週1回だけ。1週間単位にしたのは、毎日、厳密にカロリー計算していると、どうしても、ストレスが溜まってしまうから。食べ過ぎた日があれば、翌日は控えめにしてトータルの数字が目標と合えばいいと考えたんです」

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事