雑誌
JR新小岩「死を誘う危険な駅」の秘密
2ヵ月あまりで5人が成田エクスプレスに飛び込み!
他社との時短競争に湾曲ホーム・・・
魔の空間の謎に迫る
事故は全て北口側のホームで発生。4番線より北側には貨物列車の線路が2本走る(A~Dはそれぞれ写真の撮影地点を指す)※事故地点は大まかに示してあり必ずしも一致はしていません
4番線を通過するNEX。車幅が広いために、車体はホームにはみ出している(見取り図のA地点より撮影)〔PHOTO〕郡山総一郎

「階段を上がるとホームが騒然としていたので、『またか』と思いました。線路上にあった血の付いた塊が視界に入ったんですが、あれは腕だったのか脚だったのか、思い出したくもありません・・・・・・」(3件目の現場に居合わせた30代男性)

 城東地区のある駅が今、「自殺の新名所」として悪名を馳せている---。

 今年7月~9月のわずか2ヵ月あまりの間に、飛び込み自殺が5件も発生したのは総武線のJR新小岩駅(東京都葛飾区)だ。死亡した5人はいずれも同駅を通過中の特急「成田エクスプレス」(NEX)に飛び込んでいる。

 最初の事故が起こったのは7月12日。午前10時過ぎ、江戸川区在住の45歳女性が、大船行きの下り列車・NEX10号に向かってホームから飛び込んだ。女性は列車にはね返される形で、5~6m離れたキオスクの店舗まで飛ばされた。

「ホーム中央付近で『バキッ』という物凄い音がしたので恐る恐る近づいてみると、店の窓ガラスが割れて、中に人間らしきものが横たわっていました。すでにピクリとも動かなかったです」(現場に居合わせた40代男性)