upperline
インターネットが普及し、ユーザー数も当初とは比較にならないくらい爆発的に増大した。
あらゆる場所と人々がつながったいま、インターネットを利用するということは、ただ検索や買い物、情報発信のためだけではなく、社会そのものを変える可能性にも満ちている。
実際に、新しい産業が生まれ、旧来の産業のなかには価値転換を迫られているものもある。あまりにも変化の速度が激しいため、我々自身がその状態に適合する術を知らない。

本連載ではインターネットを介在させることで、これまで見過ごされてきた価値や経験などのヘリテージ(財産)を、新しい未来へとどう接続し直していくのか、コミュニケーションやメディアの変遷を通じて探ってみたい。
例えば、それは筆者のフィールドであるメディア産業を軸に、金融、製造など、多岐にわたる分野で起きつつあることを取り上げながら、新しい環境に我々が適合するためのヒントを探っていきたい。

 前回に説明したアフォーダブル・メディアのなかでも、今回は個人メディアの新しい環境について述べたいと思います。日本でも注目されつつある「フェイスブック」というソーシャル・ネットワークを中心にお話しします。

 ちなみに、フェイスブックを筆頭とするソーシャル・ネットワークも、ブログのように個人・企業が情報発信を行うのに、ほとんど投資コストがかからないメディアとなります。ゆえに、本稿では「フェイスブック」も、わたしが言うところのアフォーダブル・メディアのひとつに数えたいと思います。

フェイスブック」HPより

 また、フェイスブックは個人の発言や交遊関係は、グーグルなどの一般的な検索エンジンに露出することはありません。それ自体が閉じた小宇宙のようなものです。そこのなかで発信された個人の情報はグーグル等の検索エンジンから検索できません [註1]

 しかし、外のインターネットとの繋がりがないとはいえ、「facebookページ」(旧称ファンページ)と呼ばれる個人間ネットワークとは別のインターネット上に公開されたページもあります。こちらは企業ならば製品やサービスについてのそれぞれ独自のページを作成することが可能となっていて、すでに多くの企業がそのfacebookページ内で「Fコマース」(フェイスブックを経由した物販)やファンウェアと呼ばれるアプリケーションを利用してユーザーを自社の優良顧客に囲い込もうとしています。

 フェイスブックについては、すでにあちこちで語られているので、それ自体の説明はしませんが、この超巨大なソーシャルネットワークを、メディアという観点から語ってみたいと思います。

 ネットの世界ではかなりの旧聞に属す話ですが、ようやく日本でもフェイスブックについて関心が高まってきたので、あえてこの記事を引きたいと思います。2008年3月27日付けのニューヨークタイムズ紙のウェブサイトに掲載された“オンライン上で政治ニュースを発見、若者たちが知らせ合う(Finding Political News Online, the Young Pass It On)"という記事では、若年層の個人が有力なニュースの送り手になりつつあるという話が書かれています。

 その内容は、選挙キャンペーン中にバラク・オバマが5分間だけテレビカメラに向かって語った内容が、新聞やテレビの興味をあまり惹かなかったかわりに、インターネット上で口コミが加速し、大きな話題になったという話です。オバマの映像はYouTubeやグーグルでもっとも検索されたコンテンツとなり、130万回視聴され、500以上のブログやフェイスブックのようなソーシャル・ネットワークからリンクが張られたようです。

[註1]  2011年2月にマイクロソフトの検索エンジンBingが検索結果に対し、米国内にいるfacebookユーザーのLikeを表示する機能を発表しました。このようなアクティビティ(行動)についてのみ表示されます。
次ページ  つまり、若年層のインターネッ…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ