フェースブック、iPhoneに殺されるウェブ
オープン・モデルに立ちはだかるプライバシーの壁

フェースブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグCEO〔PHOTO〕gettyimages

 先週、フェースブックと比較しながら、グーグルのトップ交代に関する分析記事を掲載したが、さっそく読者の皆さんから様々な感想を頂いた。その中で気になったのが「フェースブックはクローズドな世界と感じない」方が多いことだ。反面、オープン・モデルを基本とするウェブ・ビジネスに、十分な関心が払われていない。

 気楽に見過ごしがちだが、日米におけるネット・コンテンツの格差は、そのままインターネット・ビジネスの国際競争力に結びつく。そこで最近米国で渦巻くウェブ尊重論やSNS非難、アプ・エコノミーへの反発などをまとめてみたい。

ワイヤード誌は、ウェブが死んだと言うが・・・

 インターネットに関心の高い読者であれば、昨年夏に話題となった「the Web Is Dead(ウェブは死んだ)」という米ワイヤード(Wired)誌の記事を覚えていらっしゃるだろう。インターネット・カルチャーを代表する同誌は、2010年8月号に同記事を載せて大きな反響を呼んだ。

 この特集は、クリス・アンダーソン編集長の「Who's to Blame: US(恨むなら:自分を恨め)」とマイケル・ウォルフ氏(ジャーナリスト)の「Who's to Blame: Them(恨むなら:奴らを恨め)」の2部から構成されている。

 アンダーソン編集長は、iPhoneアプリなどアプ・エコノミー *1が便利なおかげで、私たちがウェブを利用しなくなっている状況をまず説明する。そして、こうしたモバイル・サービスやコンテンツは検索エンジンにも現れず、セミ・クローズド(半閉鎖的)な世界であるとした。また、それはウェブの良さであるオープンな情報環境を阻害すると指摘し「デジタル経済の商業コンテンツに関する未来」は暗いと嘆いている。

 一方、ウォルフ氏は、ソーシャル・ネットワークの最大手フェースブックを取り上げた。この閉鎖的なシステムが人々に支持される背景には、ウェブの貧弱な広告ビジネスがあり「メディアを支える広告主や投資家を満足させられなかった」と述べる。そして、クローズドなサービスの台頭は、投資家・大企業によるネット・コンテンツ・ビジネス支配を進めると指摘する。

 この特集は、米国でここ数年台頭しているウェブ危機論やSNS警戒論を象徴している。これは「ウェブが築いてきた情報公開の流れを否定する動き」として、iPhoneやAndroid端末を使うモバイル・アプリケーションや情報アクセスを制限するソーシャル・ネットワークを批判している。

*1 本稿では用語統一のため、アプリケーション・エコノミー(アプ・エコノミー)を使っている。クリス・アンダーソン氏は、同記事の中で同じことをアップス・モデルと表現している。アプ・エコノミーは、米国の通信業界で広く利用されている言葉だが、アンダーソン氏はより広い意味を持たせるためか、別の言葉を利用しているようだ。

こうした批判を展開するのは、ワイヤード誌だけではない。たとえば、米国の科学雑誌サイエンティフィック・アメリカン(Scientific American)誌も、2010年12月号でThe Web Turns 20(20歳を迎えたウェブ)という特集を組み、そこでティム・バーナーズ・リー(Tim Berners-Lee)氏のネット危機論「Long Live the Web」を載せている。

 同氏は1990年12月、スイスのCERN(欧州原子核研究機構)でワールド・ワイド・ウェブを開発した“ウェブの父”として有名だ。同氏のオープン・モデル論は過激で「ウェブによる情報の公開と制限のない流通は、技術革新による社会の繁栄と自由を守るために不可欠だ」とまで主張する。彼の批判対象は、ソーシャル・ネットワークからプライバシー問題やネットワーク中立性まで幅広い。

 こうしたウェブを巡るオープン・モデルの本質は、どんな情報にもクリックひとつで飛べるリンク機能を「否定してはならない」という点にある。これはネット上の情報がすべて「検索エンジンに表示されるべきだ」という意味でもある。グーグルやマイクロソフトなどネット企業の多くは、このオープン・モデルを支持しているし、事業展開の柱としている。

 一方、あなたがフェースブックに書き込んだ内容は、グーグル・サーチやMSビーイングの検索結果にはあらわれない。しかし、フェースブック内に書き込まれたウェブのリンクをクリックすれば、その情報にはアクセスできる。このようにソーシャル・ネットワークはセミ・クローズドあるいはクローズド・モデル *2を採用している。もし、ウェブのようなオープン・モデルを採用すればソーシャル・ネットワークは成り立たない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら