経済の死角

浜田宏一イェール大学教授「経済学の現実を無視する菅内閣と日本銀行が国を滅ぼす」  聞き手:高橋洋一

「経済学の泰斗」が憂国の提言 第1回 

2011年03月04日(金)
upperline
高橋洋一氏(左)と浜田宏一イェール大学教授(右)

高橋: 浜田先生は、海外からいまの政権や日本経済をご覧になられて、どんな印象を持たれていますか。

浜田: 今回、サンフランシスコから日本行きの飛行機に乗ったとき、ちょうど新内閣の閣僚名簿が載った新聞が配られたんです。目を通した途端に驚愕したというか、がっくりしてしまった。デフレ不況で悩んでいる日本経済を治療しようとする医者たるべき閣僚に、よくもこれだけ"ヤブ医者"を揃えたなという感じがしましてね。びっくりしました。

高橋: 本当にヤブ医者ばかりです。

浜田: 今回、「人前で、友人を失うようなことを言わないで!」と家内から釘を指されていました。しかしこの組閣を見て日本経済、そして日本国民のこれからを想像すると暗澹たる気持ちになり、やはり言うべきことは言わないと、と思ったのです。

 彼らは医者なのに解剖学がわかっていない、つまり高橋さんの指摘するバランスシート間の関係を経済の基本的なこととしてまったく理解していないのです。さらに、経済を動かすメカニズム---どこにどういう経済政策で働きかけると、どういう形で波及していくのか---という生理学もまったく理解していない。

 そんなヤブ医者ばかり、しかも老齢の人たちも多い。よくもこれだけ集めたもんだと。これは少し言いすぎかな(笑)。

高橋: いえいえ、上品すぎるぐらいです。ヤブ医者の名前は私から言いましょう。

 まず官房長官を補佐し、事務方を取り仕切るトップである官房副長官になったのが、ここ20年以上、「円高は日本にとっていい」と言い続けている藤井裕久さんです。この方は元大蔵官僚で、政治家になってからは大蔵大臣や財務大臣も経験していますが、その当時からずっと円高論者です。なぜか頭の中が「円高がいい」という考えで凝り固まっている。そのうえ、財政再建派です。この方はずっと同じ主張をしている筋金入りですね。

 もう一人が経済財政担当大臣の与謝野馨さん。この方も2000年以降、「円高がいい」とか「デフレでいい」という言い方をしている。「円高デフレの時にも財政金融政策を使わなくてもいい」という非常に珍しい政策を掲げる方です。

次ページ 浜田: 言ってみれば、目の前で…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ