燃費20・3キロを義務付ける新基準案
[自動車]欧米に対抗し20年度までに24%改善

日本の主な低燃費車 プリウス(トヨタ/右下)・フィット(ホンダ/左下)・マーチ(日産/右上)・デミオ(マツダ左上)

 経済産業省と国土交通省が、20年度までにガソリン1リットル当たり20・3キロ(JC08モード)の走行を義務付ける、乗用車の新たな燃費基準の原案を公表した。09年度の実績比(同16・3キロメートル)と比較すると24・1%の大幅な改善となり、自動車メーカーからは「厳しい」との悲鳴も聞かれる。だが、両省は「一層の省エネと二酸化炭素(CO2)の排出量削減を図りたい」としており、12年度にも新基準を導入したい考えだ。

 乗用車の燃費基準は、1979年にいわゆる「省エネ法」が制定されて以来、数回にわたって改定が行われてきた。98年の省エネ法改正では、その時点で商品化されている自動車のうち、最も燃費性能に優れる自動車をベースに技術開発の見通しなどを踏まえて基準を策定する「トップランナー基準」を導入。現在の基準は15年度までにガソリン1リットル当たり17・0キロとしており、新基準ではこれをさらに上回る厳しい数値目標が課されることになる。

 ただ、新基準ではメーカー側が強く要望していた新たな算定方式も導入された。

 厳しい目標値と合わせて導入されることになったのが、「企業別平均燃費基準(CAFE)」と呼ばれる方式だ。現行の基準は、乗用車を重量別に16の区分に分け、すべての区分でそれぞれに設定された燃費目標値を満たすことを求めていた。これが、新基準では目標に届かない重量区分が発生した場合でも、メーカーごとに販売した車の燃費の平均値が全体目標を達成していればよいことになった。

 このCAFE方式は、欧米でも採用されているいわば世界標準。販売台数に応じた加重平均値を使うため、そのメーカーの売れ筋車種で大幅な燃費向上を達成していれば、未達の車種があっても全体では目標達成が可能になる。メーカーとしてはこれまで分散しがちだった開発費用を、売れ筋で燃費のよい小型車やハイブリッド車(HV)に集中できるメリットもある。