メディア・マスコミ
ハフィントン・ポストの共同創業者レーラーが語った「凋落する新聞とよみがえるジャーナリズム」
「最強のネット新聞」が示すジャーナリズムの未来は明るい
新聞臨終ウォッチ(ニュースペーパー・デス・ウォッチ)HPより

 「新聞臨終ウォッチ(ニュースペーパー・デス・ウォッチ)」---。新聞界が激震に見舞われているアメリカでは、新聞の凋落を克明に記録しているウェブサイトもある。

 同サイトによると、タスカン・シチズン、ロッキー・マウンテン・ニューズ、ボルチモア・エグザミナー、ケンタッキー・ポストをはじめ、2007年3月以降にアメリカで廃刊に追い込まれた日刊紙は12紙に達する(インターネット専門などへの移行も含めると20紙)。

 苦境に直面する印刷メディアをしり目に、短期間で躍進するネットメディアがある。代表格は「ハフィントン・ポスト(ハフポスト)」だ。設立5年余りの新興ニュースサイトでありながら、3億1500万ドルもの値段(ネットサービス大手AOLによる買収金額)が付いた。

 ハフポストの共同創業者ケネス・レーラーは、新聞が凋落した原因について「独占にあぐらをかいていたからネット時代の変化に乗り遅れた」と手厳しい。同時に、「ジャーナリズムの未来にわくわくしている」とも語っている。

 「独占にあぐらをかいている」という点では日本の新聞界はアメリカと変わらない。いずれアメリカの新聞界と同じ苦境に見舞われるかもしれない。その意味で「アメリカで最も成功したネット新聞」の立役者の話に耳を傾ける価値はある。

前回(「印刷・宅配をやめ、キンドルを無料配布せよ」)に引き続き、2009年4月にレーラーがニューヨークのコロンビア大学ジャーナリズムスクールで行った講演を再構成したうえで紹介する。

 〈 アメリカでは1990年代半ば以降、デジタル化の大波が押し寄せているのが明らかだった。それなのに、なぜ新聞経営者はビジネスモデルの抜本改革を見送ったのか? 彼ら自身の子供たちは次世代の読者であり、10年以上も前にネットに慣れ親しんでいた。そんな事実にも気付かず、メディアの将来を見通せなかったというのか?