賢者の知恵
2011年02月24日(木) 週刊現代

経済論戦勝ったのはどっちだ!森永卓郎vs.池田信夫 激突120分

日本経済は破綻する?

週刊現代
upperline

「フィクションの話をするんじゃないよ!」。今年の元旦、テレビの生放送中に、景気対策を巡って激論を繰り広げた森永氏と池田氏。はたして日本経済は立ち直るのか。話題の二人が、再び相見える!

それは19世紀の理論だ

---森永さんと池田さんは、元旦の「朝まで生テレビ!」で、日本経済の再生のために何をすべきかについて、大激論を交わして話題になりました。「朝生」での議論の決着をつけるためにも、ぜひお二人に、あらためてこの問題について討論をしていただきたいと思います。

池田 デフレ、デフレと言いますが、デフレというのは、要するに長期的な経済停滞の結果なんです。だから表面的な現象だけにとらわれるのではなく、その根本原因を考えるべきです。

---池田さんは、日銀による金融の量的緩和(国債の買い取りなどによって銀行に資金供給をすること)拡大に強く反対していますね。

池田 必要なときは金融緩和をやるべきですが、日本の「失われた20年」は、成長率の低下によるもの。いまは、いかにして経済の成長率を上げるか、これに尽きます。これ以上の金融緩和は有害無益です。

---対して、森永さんは、「金融緩和を拡大すべき」という主張をされています。

森永 その「成長率を上げる」ために、まずはデフレ脱却をしよう、ということ。

 この20年、日本は成長しなかったのに、なぜ欧米は2倍くらいの経済規模に拡大したのか。理由は簡単で、日本だけがデフレだったからです。ですから、とりあえず欧米がやったことを日本もやればいい。

---それが、大規模な金融緩和ということですか?

次ページ 森永 '08年のリーマンショッ…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事