高校生チームも参加、
学生中心のスタートアップコンテスト
「ブレークスルーキャンプ2011」より注目の3サービス

engraph.net

 9/19、ブレークスルーパートナーズ株式会社が主催する「ブレークスルーキャンプ2011 Summer」の決勝プレゼン大会が行われました。

「ブレークスルーキャンプ」は学生エンジニアを中心とする23チームが2ヶ月の開発合宿を行い、ウェブサービスを開発する合宿形式のプログラムです。開発に必要な宿泊場所、技術的環境なども、マイクロソフト、リクルート、mixiなどがスポンサーとなり提供されています。

 今回の記事では、ハイライトとして注目のアプリ・サービスをご紹介いたします。若い力の可能性を感じて頂けるかと思います。

既存の電話帳機能を刷新する「engraph」

 高校生チームの「engraph」は、「現在の携帯電話・スマートフォンの電話帳は非常に使いにくい」という問題意識に基づいて作られた、電話帳アプリです。

 現在の電話帳は「連絡先を交換したけれど全くコミュニケーションを取っていない人」も平等に名前順に羅列しているため、「よく連絡を取る一部の人」の連絡先を探しにくい、といった問題があります。

 engraphは、ソーシャルメディアのやり取りなどから「親密度」を自動で計算し、自分を中心とした「円」の周囲に、頻繁にコミュニケーションを取るユーザーを優先的に配置してくれます(記事冒頭画像参照)。普段ほとんどやり取りをしない人の表示順位を下げてくれるため、スムーズな連絡先の検索が可能になります。

 既にAndroidマーケットでベータ版のダウンロードが可能ですので、現状の電話帳に不満をお持ちの方はぜひ試してみてください。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら