2011.09.24(Sat)

田原総一朗&浅川芳裕が農業経営者と語る「放射能と戦う福島の農業の実情」

『現代ビジネス@福島』キックオフ座談会VOL.1

筆者プロフィール&コラム概要
田原さん、『農業経営者』副編集長・浅川芳裕さん、 「あおむしくらぶ」の鈴木光一さん「生木葉ファーム」の佐藤良治さん

司会: 現代ビジネスは「福島の問題を日本全体の問題として考えていきたい」ということで、9月22日から11月までの3ヵ月間、「現代ビジネス@福島」というテーマで編集拠点を福島県に移し、現場から情報発信をしていこうと考えています。

 その第一弾として、本日は「田原総一朗と福島で農業を考える車座ミーティング」と題して、田原総一朗さんと月刊『農業経営者』副編集長・浅川芳裕さんのお二方に郡山までお越しいただき、福島県内の農業経営者や農業関係者の方々を交えて福島県の農業を考えていこうと思います。

 田原さん、浅川さんのお二方に加えて、地元福島からはお二方の農業関係者にパネラーとして参加していただきました。お一人は「あおむしくらぶ」という農業経営の集まりに参加して農業経営の未来を模索しておられる鈴木光一さんです。また、もうお一人の方は生産農家でもあり野菜の販売もされている「生木葉ファーム」の佐藤良治さんです。

 それではみなさん、よろしくお願いします。

田原: では、早速ですが鈴木さんと佐藤さん、自己紹介を兼ねてどんなことをやってらっしゃるのかお話しください。

鈴木: 私は郡山市の大槻町というところで農業をしています。うちで作っているのが米で、これが6haです。それと野菜を100~200種類程度、少量多品目で作っていて、この畑が転作田を含めて2.6haです。主に直売ということで自宅に直売所もありますし、近くの直売コーナーなどでも販売しています。そういったところでの販売を主に、自分で作って自分で直売するというスタンスで経営しています。

 それから、郡山で専業農家をやっている20~40代の若手で構成されている郡山農業青年会議所という組織があるのですが、そこで「何とか自分たちが自慢できるようなブランド野菜を作ろう」と、今から8年ほど前から毎年一品ずつ新しいブランド野菜を作る活動がスタートしました。その野菜を先ほどご紹介いただきました「あおむしくらぶ」という組織で販売しています。

田原: ブランド野菜というと、たとえばどんな品種が有名ですか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

@福島

福島県から、福島の、そして日本の未来を考える。ときには東京からも情報を発信します。