あの名門メーカーどうなった? 意外と知らない英国車&英国クルマ事情日本のこうならなければよいが特集

2011年09月25日(日)
upperline

■イギリス資本復活を望む声は多いのですか?

 儲かれば中国にでもインドにでも、会社を売っちゃうメンタリティだからそんな声はない。人気のサッカーだってオーナーの多く、スポンサーの多くは外資なのだ。

■人気車の価格はどうですか?

 ミニなら150万円くらいから。フォードフィエスタが約120万円~、フォーカスは約195万円~、BMW3が約290万円~、ゴルフが約140万円~、シビックは約200万円~、マーチは約100万円~、アストンは約1200万円~、ジャガーXFで約380万円~、と高級車の価格が日本より少し安いかな。

■ジャガーは安い。でもガソリンが160円以上するんですね。

 そう、だから人気はちっちゃいクルマばっかりなんだよ。

■ ありがとうございました。

うらやましいランエボとインプ

FQ-360

 英国三菱にはランエボⅩをチューニングしたFQ-360というモデルがあり、その名のとおり、359ps/6500rpm、50・2kgm/3500rpmという強烈なスペックを誇り、0~100km/h加速は4・1秒というから恐れ入る。3万6799ポンドというから464万4000円ほど。日本でもこういうハイスペックなランエボが欲しい。ちなみに2年前にはFQ-400という403ps仕様もあった。

CS400

 いっぽうのインプレッサWRX STI CS400はコスワースチューンモデル。2・5ℓターボは300ps/41・5kgmが標準のところをコスワースの手で400ps/52・5kgmまでチューンアップ。こちらの0~100km/h加速は3・7秒、価格は4万9995ポンドだから630万9000円ほど。ランエボもインプもどちらもちょっと値は張るが、日本仕様では味わえない強烈なパフォーマンスは魅力だ。

もはや英国資本は家族経営のモーガンだけ?
英国ブランドの歴史といま

 伝統ある英国ブランドのほとんどが外国資本に買われてしまった。ブランド自体は残り新型も投入されているが、かつてよりも〝軽い存在〟になってしまったことは否めない。往年の英国ブランドの今を見てみよう。

次ページ  1904年設立。ヘンリー・ロ…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事