企業・経営 社会保障・雇用・労働
あえて問う。長時間労働も辞さない「ぐるなび」の選択
「社員のモチベーションが企業を繁栄させる」
「ぐるなび」HPより

 前回の本コラムで、NECの改革では新しいことに挑戦できない人事制度が「抵抗勢力」なっていると書いた。筆者が大企業のサラリーマンを取材しても、やる気をなくすような成果主義や効率性を阻む「コンプライアンス対応」に憤りを感じている人も多かった。定量的には図りづらい問題ではあるが、日本企業の競争力が失われている要因のひとつは、社員のモチベーション低下にあるのではないだろうか。

 こうしたことに問題意識をもって会社のかじ取りをしている経営者もいる。その一人が飲食店情報などをインターネットで提供する、ぐるなびの創業者である同社の滝久雄会長だ。ぐるなびは、滝氏が1996年にサービスを開始し、2000年に分社独立、05年に上場を果たした。

 上場直後の2006年3月期連結決算の売上高が約86億円、営業利益が約14億円だったのが、2010年3月期は、売上高が約242億円、営業利益が約45億にまで伸びた。少子高齢化が進む国内市場をターゲットにした「内需企業」でありながら4年間で営業利益は3倍以上に膨らんでいる勢いのある企業だ。

 滝氏の持論はこうだ。「社員のモチベーションこそが企業が永続して繁栄していくためのすべて」

 ぐるなびの特徴は、全社員約1800人のうち約1000人を占める営業系スタッフにある。顧客が抱えるリアルな問題に対応する営業を展開している。飲食店の販促プランから経営に至るまでの相談を受け、効果的な提案をする営業担当者、ぐるなびからの情報伝達と飲食店の要望を吸い上げる御用聞き専門の巡回スタッフ、電話でのサポートをするカスタマーサポートセンター、飲食店関係者にぐるなびの上手な活用方法や計数管理、店舗展開などのノウハウを伝授する「ぐるなび大学」などの営業体制を構築し、飲食店との絆を深めている。

 ぐるなびは、サービスに応じて1店舗から1ヵ月に1万円---10万円程度の手数料をもらっている。単にネット上で情報を出し入れするのがビジネスモデルではなく、泥臭く地べたを這う営業部隊そのものがぐるなびのインフラであり、だから、滝氏は社員のモチベーションにこだわるのだ。