9・11を予告した男、そしてアサンジーー世界を震撼させた男たちになぜインタビューできたのか
田原総一朗×野口修司(ジャーナリスト)第2回

第1回はこちらをご覧ください。

田原: 野口さんてすごい人で、もうひとつ世界的なスクープを放っているんです。いまのロシア、かつてのソ連の最大のスパイですね?

野口: (笑)

田原: ラストヴォロフ。

野口: ゾルゲが最大でしょう。ラストヴォロフはナンバー2だと思います。

田原: ゾルゲね。彼はもう、処刑されました。そのラストヴォロフにインタビューした。

野口: これは世界、最初で最後ですね。

田原: どこですか?

野口: CIA本部近くのバージニア州マクリーンというところにあるホテルですね。

田原: ラストヴォロフはソ連の大スパイだったのが、ソ連を裏切ってCIAに協力したんですか?

野口: そうです。

田原: どういうことですか?

野口: アメリカに亡命しました。1954年のことです。当時の日本の新聞では一面トップで、大きな報道してました。

田原: もちろん覚えてますよ。衝撃的でした。

野口: 亡命なのか、誘拐なのかと騒がれました。ソ連側はアメリカに誘拐されたと言ってたんですね。

田原: 誘拐? 拉致されたと?

野口: そうです。拉致されたと。事実は亡命だったんですがね。とにかく、行方不明になってたんです。

田原: そのラストヴォロフにインタビューした。

野口: はい。

ソ連最大のスパイへのインタビュー

田原: なんでそんなインタビューができたんですか?

野口: これも長年、CIAとかインテリジェンスというか、諜報関係の人たちに取材してますから、人間関係があるんです。

 たまたまNHKの仕事で依頼があったんですけど、今回のウィキリークスと同じように、周辺取材ができないかと。ラストヴォロフを知っているCIAの関係者とかにインタビューできないかと依頼があったんです。で、まあ、いろいろたどっているうちに、ある日突然、本人から電話がかかってきまして(笑)

田原: 本人から!? ラストヴォロフから!?

野口: そうです。

田原: なんで野口さんに電話かかってきたんですか (笑)

野口: だから、今回もそうなんですけど、いろんな人から電話が多かったんです。

田原: で、インタビューした。

野口: そうです。

田原: どのくらいインタビューしましたか

現代ビジネスブック 第1弾
田原 総一朗
『Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった』

(講談社刊、税込み1,575円)
発売中
 ⇒本を購入する(AMAZON⇒本を購入する(楽天ブックス)

野口: これも実は2日間にわたってインタビューしたんですね。

田原: 2日間も。それは英語でやるんですか?

野口: 英語です。彼はもう、ほとんどアメリカ人と同じぐらい上手い。

田原: そうか、スパイだから英語がしゃべれるんだ、当然ね(笑)。

野口: そうです。彼は後に亡くなった時にワシントンポストの1面を飾った大物です。

田原: なるほど。

野口: ほとんど、誰も知らなかったんです。彼の前歴ていうのは。それをインタビューしました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら