菅首相と与謝野氏の「政策協議」の中身を明らかにせよ
いよいよ始まった国会には野党として厳しく臨む
与謝野大臣の「単騎入閣」は国会の焦点になる 〔PHOTO〕gettyimages

 今週から国会が始まった。菅改造内閣にとっては、多くの困難が予想される国会である。

 小沢一郎氏の政倫審出席すら決めることのできない民主党は、はたして政党の体をなしているのであろうか。これまで何ヵ月同じことを繰り返しているのか。私は、政倫審とか証人喚問とかいった形にはこだわらないので、とにかく国会で説明してほしい。それが、小沢氏のためにもなると主張してきた。けして高いハードルではない。ところが、政倫審出席すら民主党が決められないのなら、やはり野党は証人喚問を求めざるをえなくなる。

 強制起訴が決まったら、民主党は小沢氏に離党や議員辞職を迫ることができるのであろうか。小選挙区制の下では、小沢氏といえども離党して新党を結成するのは、さほど容易なことではない。新党改革のようなミニ政党ですら、私が政党経営に苦労しているので、そのことはよく分かる。

 日本の政治家は、口は出してもカネは出さない。そしてカネの切れ目が縁の切れ目である。小沢氏が離党する場合、彼についていく民主党の国会議員は何人いるであろうか。

 いずれにしても、政治とカネの問題で、小沢氏が国会で国民が納得する説明をしないかぎり、円滑な予算審議には入れないであろう。

 次は、与謝野馨氏の入閣問題である。与謝野氏は、能力ある政治家である。そして、日本が危機的状況で、党派を超えて協力せねばならないことは明白である。しかし、そのことだけで、有権者を納得させられる論理を提供できるのであろうか。

 前回に詳しく説明したが、内閣改造前後に私の去就について、無責任な憶測記事や、あたかも現場を見てきたかのようなフィクション記事が現れて、大いに迷惑した。

 もし仮に私が菅内閣に入閣するとすれば、新党改革と民主党と連立政権協議を行って、政策協定を結ばねばならない。その合意があってはじめて、政権への参加ということになる。その当たり前のことを考えただけで、政党間で政権協議も行わないのだから、憶測記事がデタラメだということがよく分かる。

 与謝野さんだって、たちあがれ日本全体を率いて、連立政権協議を民主党と行い、その結果政策で合意できれば、政権参加ということは、何の問題もない。ところが、たちあがれ日本を離党して無所属で「単騎入閣」ということなので、様々な批判をよんでいるのである。

 一人であっても、重要閣僚である以上、菅首相と与謝野氏がどのような政策協議を行ったのか、そしてその結果どのような合意に達したのかを明らかにすべきである。そして、その政策合意が民主党のマニフェストと異なる場合、どうするのか。

 マニフェストを修正するのなら、そのマニフェストで政権交代を実現した以上、解散総選挙で「修正マニフェスト」について国民の信を問うべきではないのか。

 ところで、与謝野氏と鳩山邦夫氏と私の三人で、BS11で鼎談番組をこの1月から始めた。しかし、2回終わったところで、与謝野氏が入閣し、経済財政大臣に就任した。

 大臣になった以上は、公共の電波で自分のレギュラー番組を持つべきではないというのが、私の考えだ。実際に大臣時代の私はそのようにしてきた。国会を最優先にして、国会の場で国会議員たちと論戦すべきだからある。

 また、特定のテレビ局で自分の番組を持つことは、全国民のために仕事をする大臣がやるべきことではない。そして、野党の党首が行うべきは、まずは国会の場で政府の政策について、国民を代表して問いただすことである。今回も、私は自分の原則を貫くことにする。

TPPの裏側にある農業問題

 社会保障と財源の問題は極めて重要な問題であるが、この問題は経済の成長戦略と車の両輪をなさねばならない。

 消費税を上げるにしても、経済情勢をよく見極めて、その時期と幅について慎重な判断が必要である。その慎重さがなければ、改革は失敗し、日本は不況から抜け出せないことになる。

 外交も問題である。TPPも日本の経済成長戦略の中にどのように位置づけるかと言うことが重要である。とりわけ、TPPの裏側の問題が農業問題である以上、世界第5番目の農業大国である日本農政の将来ビジョンがなければならない。

 日米関係や日中関をどうするのか、自公政権ではできなかったことを民主党政権は実現できるのか。外交は相手のある話である。日本外交に柔軟性や幅を持たせることができるか否かは、すぐれてトップリーダーの力量にかかっている。

現代ビジネスブック 第1弾
田原 総一朗
『Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった』
(講談社刊、税込み1,575円)
発売中

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら