upperline
左から「レバ」170円、「シロ」180円、「つくね」170円。やきとりはすべて170円または180円(種類により異なる)〔PHOTO〕大坪尚人

 恵比寿を根城にしている飲み助で、ここを訪れたことのない者はまずいないだろう。そんな"夜のランドマーク"的存在なのが『たつや駅前店』だ。

 否、正確に言い表すならば"夜の"は余計かもしれない。なぜならこの店の1階は、毎日朝8時から翌朝5時まで、1日21時間営業だから(というわけで、下に書いてある営業時間はミスに非ず)。

 店は今年で36周年。代表の佐藤正光さんは、ボウリングブーム全盛期にボウリング場の支配人をしていたが、ブームが下火になったのを機に部下4人とともに独立。昭和51年にこの店を開いた。

 看板に「日本一 恵比寿 たつやのやきとり」とあるだけに、看板メニューはやきとり。といっても、ホルモン界の"お約束"通り豚もつのこと。扱う部位のラインナップも、味わいも実にスタンダード。さすがは老舗、と思わせる安定感だ。ほかホルモンを使った品では、まろやかな煮込み豆腐やガツ刺しも。ちなみに、やきとりに関しては店内に電光表示のメニューボードがあり、売り切れた部位の下に赤いランプが点るのがユニークだ。

たつや 駅前店 1階40席、地下は80席と団体でも安心。
東京都渋谷区恵比寿南1-8-16
☎ 03-3710-7375
営 8:00~29:00(日/祝は~22:00) 年末年始休
※地下は17:00~25:30(金・祝前日は~29:00で日・祝休み)

 そして、メニューには関係ないこの店の名物、それは佐藤さんと常連さんたちのクラブ活動。麻雀、釣り、ゴルフ、カラオケなどがあるそうで、天井や壁には魚拓やコンペの順位表がペタペタと。

 行きつけの飲み屋の顔見知り同士と遊ぶ、という昭和のお父さん的慣習は、廃れつつある気がするが、なんとも魅力的。どれくらい通ったら参加できるだろうか・・・。

 誰もが気軽にホルモンと酒を味わえる居酒屋であり、一度その輪に溶け込んだなら同好の士とも出会える、そんな懐の深さあっての36周年。目出度い!

 

現代ビジネスブック 第1弾
田原 総一朗
『Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった』
(講談社刊、税込み1,575円)
発売中

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ