経済の死角

携帯電話業界の勢力図を塗り替える「プラチナバンド」オークションは透明性を高めよ--総務省新政務三役に課せられた課題--

700MHz, 900MHzを誰にどうやって付与するのか

2011年09月16日(金) 吉川尚宏
upperline

 こんな状況を想像していただきたい。

 ・現在、東京の都心の一等地に国が土地を保有しており、それをいくつかの借主に提供している。

 ・今回、大規模不動産開発に伴い、借主は別の土地に引越ししてもらう。

 ・引越し費用は新たな借主が負担する。 ただし、新たな借主は既存の借主に提供しうる引越し費用の多寡によって決定される。

 ・引越し費用の上限は2,000億円と定められており、もし複数の入札者の入札金額が上限価格に張り付いた場合、新たな借主は何らかの「比較審査」によって決定される。

 不動産を周波数とみなせば、上記のケースはこれから割り当てが決まる700MHz, 900MHzの周波数付与で想定される状況である。とても奇妙な制度である。最初から新たな借主には一定期間の定期借地権の金額を入札させ、そのお金を原資として、国が既存の借主の移転費用を捻出すればいい。さて、携帯電話版不動産開発はうまくいくであろうか。

携帯電話会社にとって喉から手が出るほど欲しい周波数帯

 総務省は2011年9月6日に700MHz, 900MHzへの参入希望調査の結果を発表した。それによれば携帯電話の大手4社はすべて参入希望を表明した。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000127887.pdf

 700MHz,900MHzの周波数帯は通称「プラチナバンド」と呼ばれるほど、携帯電話事業者にとっては価値の高い周波数帯で、特に最近のスマートフォンブームで周波数の逼迫度合いが増してきている携帯電話各社にとっては、喉から手が出るほど欲しい周波数帯でもある。

次ページ  この周波数の付与をめぐっては…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ