政治

政局
「追い込まれ問責改造」不発で迫る「菅政権3月危機」
与謝野、江田、枝野・・・掟破りの人事を連発
追い込まれた末の内閣改造だった    photo:getty images

 これほど晴れがましさがない内閣改造は珍しいだろう。首相・菅直人がいかに「通常国会に向け、党と内閣を最強の態勢にする」と強弁しようとも、今回の改造は前官房長官・仙谷由人、前国交相・馬淵澄夫が問責決議を受け、2人が辞めない限り、国会の審議入りが困難な局面に追い込まれたからだ。

 言わば、「追い込まれ問責改造」である。また、仙谷、馬淵に加え、国家公安委員長・岡崎トミ子、昨年11月に辞任した元法相・柳田稔の未補充分を加えた4ポストに入ってきたのは、官房長官・枝野幸男(前民主党幹事長代理)を除けば古式蒼然とした顔触れだ。前たちあがれ日本共同代表の与謝野馨(72)が経済財政担当相に、前参院議長・江田五月(69)が法相に、元衆院副議長・中野寛成(70)が国家公安委員長に、それぞれ就任した。

 まったく希望を抱かせないだけでなく、それぞれに「○○なのに、なぜ」という疑問が湧く。

「あれほど民主党を批判していたのに…」

「参院議長を務めたのに…」

「衆院副議長を務めたのに…」

「昨年夏の参院選で民主党が大敗して、幹事長代理に降格していたのに…」

 それに加え、さらに与謝野には、「2009年夏の衆院選で経済産業相・海江田万里と戦ったのに…」という疑問が加わる。東京1区の有権者はどう思うだろう。そもそも、与謝野は海江田に負けて比例代表の自民党枠で復活当選した。

 与謝野の議席は東京ブロックで自民党に投票した有権者の票によって成り立っているわけだ。だから、与謝野はそんなに政権内で活動したいのであれば、議席を返上して民間人となって入閣すればいい。そうすれば、議席が自民党に戻り、比例東京ブロックで次点者が繰り上がる。