長谷川幸洋「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

野田政権発足1週間。前原・仙谷・藤井トリオの「責任分担型」内閣は増税をめぐって「責任回避・混乱型」になるのか

2011年09月09日(金) 長谷川 幸洋
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

 野田佳彦政権が発足して9日で一週間になる。

 閣僚や副大臣、党人事などが一段落して政権の枠組みが固まった。肝心の政策決定について、野田首相はどうやら菅直人前首相の「独断専行・失速型」を排して「責任分担型」を選んだようだ。

 それは前原誠司政調会長と仙谷由人政調会長代行、藤井裕久党税制調査会長を決めた人事、そして最重要課題である増税問題をこの3人のラインに丸投げした点に表れている。野田は予算案と法案、条約案について閣議決定の前に政調会長の了承を前提とする方針も決めた。

 藤井は党税調会長を引き受けるに際して事実上、前原から一任を取り付けたようだ。増税問題については藤井が事実上、取り扱いの決定権を握る責任者である。

法的根拠がない国家戦略会議

 これとは別に、野田は古川元久を経済財政相兼国家戦略相に据えた。古川は大臣就任後の会見で民間人を含めた「国家戦略会議」の創設に言及している。既存の経済財政諮問会議を看板の付け替えで復活させる構想であるようだ。

 だが、こちらは政策決定の本筋ではない。名前が立派だから政権の司令塔になるかのように見えるが所詮、政権の見栄えをよくする舞台装置の域を出ないだろう。

次ページ  それには理由がある。  そも…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ