賢者の知恵
2011年01月18日(火)

ハーバード大学教授 マイケル・サンデル
「これまでの私の人生の話をしよう」

2011「白熱教室」スタート!

週刊現代
upperline
「白熱教室」終了後、ハーバード大の講堂で

 なぜ僕が正義にこだわるのか/レーガンとの討論に敗れて/ジャーナリスト志望を捨てた理由/大学時代は哲学が分からなかった

 60万部を超えるベストセラーを生んだ「白熱教室」の模様は日本でも何度も放映された。しかし、この名講義の主役・サンデル教授の半生は語られることはなかった。初めて明かされる「正義」の原点---。

インタビュー:大野和基(ジャーナリスト)

11歳で正義について考えた

 私は小さい頃から議論をすることが大好きな子供でした。野球も好きでしたが、政治にも夢中になっていました。高校に入学して校内のディベート・チームに入り、やがて生徒会長にも選ばれました。

 当時、私はロサンゼルスに住んでいましたが、カリフォルニア州知事は、後に大統領となるロナルド・レーガンでした。彼はすでに共和党内で頭角を現していましたが、私の高校は公立でリベラルな学校だったので、レーガンの考えに賛同する生徒はほとんどいませんでした。

 あるとき私は、レーガンをディベートに招待するというアイデアを思いつき、彼のオフィスに招待状を送りました。ところが、うんともすんとも返事がない。困って母親に相談すると、「レーガンはジェリービーンズが好物だと何かの本に書いてあった」と教えてくれたので、私はこれを利用することにしました。

 6ポンドのジェリービーンズを買ってきて、招待状と一緒に彼の自宅の郵便受けに入れたのです。すると2〜3日後、電話がかかってきてディベートに出席するという返事がもらえました。

次ページ  当日、2400人の生徒が講堂…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事