井上久男「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

「授業内容が大学側の都合で変更された」と女子大生3人が異例の提訴をした紛争の原因は「学内の権力闘争」

2011年09月08日(木) 井上 久男
upperline
「大阪産業大」HP

 入学前に実施を約束していた講義や指導が大学側の都合で内容が変更され、その結果、資格取得などの面で不利益を被ったなどとして、現役の女子大生が損害賠償を求めて大学を提訴する前代未聞の裁判が起きた。これは、大学側に教育内容の是正を求める訴訟であり、監督官庁である文部科学省は事態を把握して対処する必要があるだろう。

 訴えを起こしたのは、大阪産業大経営学部アパレル産業コースに在籍する2年生の女子大生3人。8月31日付で大阪地方裁判所が訴状を受理した。被告は、学校法人大阪産業大学の土橋芳邦理事長(クボタ元社長・会長)。

 訴状によると、入学金や授業料、教育環境充実費などを納入したことで、大学と学生は在学契約を締結したことになるが、大学のガイドブックや入学案内で実施をうたっている「特別研修プログラム」や「資格取得指導」などを適正に実施しなかったことが大学側の債務不履行にあたるとしている。損害賠償請求額は3人で計約230万円。現時点では提訴したのは3人だが、関係者によると、他の女子大生も訴訟の準備をしているといい、原告は総勢で10人程度に増える可能性もあるという。

 原告側の代理人である山室匡史弁護士は「私の知る限り、多額の入学金等学費の返還を求めた訴訟の最高裁での判例は中高のケースで一件あるのみ。大学に対して学生が教育内容の変更の不当性を訴えて損害賠償請求を起こすケースは下級審で数例の裁判例はあるもの珍しいといえる」と語った。

系列には中田翔の母校も

 大阪産業大は学生が約11000人いる関西の中堅名門私学だ。「関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)」に次ぐ規模だ。学校法人傘下には、日本ハムの中田翔選手の母校で高校野球の強豪である大阪桐蔭高校を抱えている。大阪桐蔭は、スポーツだけではなく、進学指導にも力を入れ、有名大学に多数の合格者を出すなど「文武両道」の高校として関西では知られている。大学は、お世辞にも偏差値が高いとは言えないが、実学を重視する風土を評価する向きもある。

次ページ  訴状を見る限り大学側の運営は…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ