田母神俊雄×三原じゅん子 新春対談「ニッポンの国防」
一触即発の中国・朝鮮半島情勢。米・韓・中、
そして北朝鮮とどう渡り合えばいいのか
田母神俊雄 元航空幕僚長 (左) たもがみ・としお/1948年、福島県生まれ。防衛大学校卒。統合幕僚学校長などを経て、'07年に航空幕僚長になるが、任期中に応募した懸賞論文の内容が「政府見解と異なる」として解任された。現在、軍事評論家として活躍中三原じゅん子 参議院議員 (右)みはら・じゅんこ/1964年、東京都生まれ。『3年B組金八先生』に出演し、不良娘役でブレイクした。'08年、子宮頸がんを患い子宮を摘出。'10年夏の参院選に自民党から出馬して初当選。最新刊『生きたい』(講談社)が好評発売中
〔PHOTO〕中野和志

---年が明けて早々ですが、今年、北朝鮮では金正日(キム ジヨン イル)総書記から三男への権力委譲が予想され、中国では、次期統治者と目される習近平(シー チン ピン)党中央軍事委員会副主席による軍事力増強が懸念されます。

 日本の新防衛大綱には「動的防衛力」というこの2国を意識した考え方が盛り込まれ、国防を考える絶好のタイミングと思い、この対談を企画しました。まず、記憶に新しい出来事は、11月に起きた北朝鮮による韓国・延坪島(ヨン ピヨン ド)への砲撃です。

三原 祝日(11月23日の勤労感謝の日)で国会はなく、翌朝、自民党の国防部会に出席して、何時に何が起きたのかという時系列を把握しました。あらためて現内閣の危機管理のなさに呆れましたね。

砲撃から2日後の韓国・延坪島に本誌特派カメラマンが入る。破壊された住宅には生活の痕跡が残っていた〔PHOTO〕神田正男

 アメリカのオバマ大統領は韓国の李明博(イ ミヨン バク)大統領と電話で協議し、砲撃直後に「言語道断の行為を強く非難するために国際社会と協力する」と声明を出しています。

 一方、「強く非難する」と、仙谷由人(せん ごく よし と)官房長官が公式見解を発表したのが発生から7時間過ぎの夜9時半頃、菅直人首相に至っては翌日でした。防衛省の危機管理は、どうなっているのでしょう。