政治

雑誌
インチキは〝お家芸〟北電「12年前にもやらせメール」
発覚した'08年のプルサーマル計画だけではない。
3号機増設時にも「賛成意見を集めろ」と
一番右が営業運転を再開した3号機。12年前のやらせメールはこの3号機増設についての説明会で行われた〔PHOTO〕橋下 昇

 呆れたとは、このことを言うのだろう。泊原子力発電所3号機の営業運転を再開したばかりの北海道電力で、「やらせメール」が発覚したのだ。泊原発へのプルサーマル導入の是非について住民の意見を聞くために開いた3年前のシンポジウムで、社員に賛成意見を出すよう社内メールで促していたのである。

「やらせといえば、九州電力が玄海原発2、3号機の運転再開をめぐって、自社や関連会社の社員らに再開支持の『やらせメール』を投稿するよう指示していたことが7月に発覚しましたが、北電までやっていたとは。さらにその後、四国電力、中部電力も原子力安全・保安院の要請でやっていたことが判明している。もはや、やらせは電力各社の〝お家芸〟ということでしょうか」(全国紙社会部記者)

 やらせは北電関係者からの共産党への告発で明らかになった。本誌も入手した北電の社内メールには、「『プルサーマル計画に関する公開シンポジウム』への参加協力について」というタイトルがつけられている。発信は'08年10月3日付。原発周辺の自治体との折衝などを担当する泊原子力事務所渉外課が、社内21の部署に発送した。

 9日後に原発に近い岩内町で開かれるプルサーマル導入がテーマのシンポジウムについて説明した上で、「プルサーマル計画を確実に進めるためにも、数多くの方にご参加いただき推進意見を提出していただければと思っております」と、堂々とやらせを促している。

「当時は、北電が道や地元の4町村に申し入れたプルサーマルの導入計画をめぐって、国や道、北電が主催する説明会が相次いで開かれていた時期でした。なかでも、道が主催したこのシンポジウムは、一連の説明会の最後に開かれ、参加した住民の意見が道の有識者検討会議に反映されることになっていた」(地元紙記者)

 北電にとってはプルサーマル導入がかかった〝勝負どころ〟だったわけだ。