雑誌
〝戦犯〟3人を憤怒直撃!
これで電気料金10%アップなど許せるか
「15m超の津波試算」を
闇に葬った東電トップ

堤防を破壊して、福島第一原発5号機の重油タンクに迫った津波。タンクの側面が凹むほどの衝撃であった

「うん、うん、はい、はい、はい、はい」

何を聞いても「うん、うん、はい、はい」しか言わなかった武藤顧問。津波試算を知っていた〝戦犯〟の一人だ

 記者が「'08年時点で津波に関する試算を出していたということですが」と問いかけると、東京電力の武藤栄顧問はうんざりした表情になり、質問を遮るように曖昧な相槌を繰り返した。福島第一原発事故を防止できたかもしれない津波試算を闇に葬り去った張本人は、何も答えず自宅へと入っていった---。

 東電が、福島第一原発に高さ15m以上の津波が到達する可能性があることを、'08年に試算していたことが判明した。そして、当時、原子力・立地本部副部長だった武藤氏や、原発担当の武黒一郎副社長(当時)らはこの試算を知りながら、何の対策も取らなかったのである。試算結果が原子力安全・保安院に報告されたのは、3年も経った、奇しくも東日本大震災4日前の今年3月7日だった。

 8月24日に行われた東電の定例会見では、この件に記者からの質問が集中した。

---津波の高さの想定がどうだったのかという質問が、震災後何度もあったが、震災の直前の3月7日に(保安院に)説明していたのであれば、なぜこれまで(この試算結果を)発表しなかったのか。

「事故前にどういった考えで地震、津波を考えたか調査を進めているが、社としてどこまで確認できていたかについては確認した上で説明できれば・・・・・・」