若手スタートアップ起業家が増えている3つの理由
世界に飛び出した「Wondershake」

「Wondershake」HP

 本連載でも数多く取り上げているように、日本でもウェブサービスを事業をした起業(いわゆる「スタートアップ」)が増加しています。その中でも特に増加しているのは20代〜30代前半の若い世代による起業です。本日は、若手スタートアップが増えている理由について3つのポイントで考察してみました。

1. 「大企業勤務」の魅力が失われつつある

 一昔前までは「大企業で終身雇用」というのが理想のキャリアだったかも知れませんが、今や終身雇用も崩れ、大企業に勤めることは以前ほど魅力的ではなくなりました。

 奇しくも、私自身も入社一年目の会社(従業員25,000人規模)が、入社直後に合併し、翌年大規模なリストラをする、といった経験をしています。JALの破綻、東京電力の問題などを見ても「大企業だから安心」というのが幻想であることは、若い世代に限らず既に常識となっている言っても良いでしょう。

 最近の学生は就活市場が厳しいこともあり、高学歴層でもスタート時点から大企業を選択肢から除外する人すらいます。誰もが羨む企業の内定を蹴って、スタートアップを起業する学生も散見されます。「大企業勤務」の相対的な魅力減が、ウェブサービスによる起業をドライブさせているように私は感じています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら