雑誌
2010→2011 HIT予想番付
来たる'11年に注目すべきムーブメントはコレだ!!

見えたぞよ!2011年に流行るのは・・・

 世の中いまだに沈滞ムードが蔓延しているが、そんななかでも発生するのがヒット商品による"流行"。「流行りなんざ関係ねェぜ」という姿勢は男らしいといえなくもないが、多くの人の支持により生み出された流行には、間違いなく真理がある。

 そこで'10年に流行ったヒット商品を、一般製品、クルマがらみの両面から振り返り、同時に'11年にヒットする製品を予測する。これを読んで流行に背を向けていた硬派なアナタも、ぜひ『'11年デビュー』を華々しく飾っていただきたい。

一般製品部門2010→2011
世間的に流行ったもの、流行するものを紹介するぞ

 右の表は三井住友銀行グループのSMBCコンサルティングが発表した'10年上半期のヒット商品番付。上半期のキーワードは"商品力" "値ごろ感" "話題性"ということで、環境貢献という"商品力"に今年"値ごろ感"が加わった《LED電球》。

 会場面積、参加国数ともに史上最大規模を誇り、その地域、関連商品などへの大きな経済効果が見込まれる《上海万博》のふたつが、横綱・大関候補に選ばれた。

 《食べるラー油》のヒットは記憶に残っている人も多いだろうが、半年で210万個も出荷した小林製薬の《チンしてこんがり魚焼きパック》は、まさに"商品力"の勝利といえる。

 電子レンジで簡単に生の切り身魚が焼けるという商品なのだが、家で魚を焼く時の臭いや、「脂を洗うのが大変」という不満を解消したスグレモノだ。

 クルマ系からは唯一ホンダの《CR-Z》がエントリーしている。さすがは今年のカー・オブ・ザ・イヤー大賞受賞車だ。ちなみにもういっぽうのRJCはスイフトが選ばれたけ
ど・・・。

食べるラー油 きっかけは昨年8月に桃屋が発売した「辛そうで辛くない少し辛いラー油」
LED電球 消費電力が少なく、長寿命というのが特徴。昨年夏頃から低価格化が進んた
ゴパン お米そのものからパンが作れることで発売が一時遅れるほど人気が集中した

 さて、それ以外の商品は表を見ていただくとして、'10年下半期、そして'11年のヒット商品についてSMBCコンサルティングに話をうかがった。

「'10年の下半期で注目しているのは映画《借りぐらしのアリエッティ》と《3D(映画・テレビ)》がまずあります。

 アリエッティはいわずもがなですが、3Dは『アバター』を筆頭に、『トイストーリー3』、『アリス・イン・ワンダーランド』などがヒットし、3Dへの要求がテレビにも求められるでしょう。また、三洋電機の家庭でお米からパンが焼ける《ゴパン》も候補に入ってますね。

 '11年は正直見えない部分があります。ブームになるほど消費が伸びるものがあるかどうか。基本的に'10年の流れを引き継ぐことになると思います」

 う~ん、どうやら'11年は先行き不透明な年になるもよう。ならばこの方に話を聞くしかあるまい。トレンドウォッチャーの木村和久氏だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら