経済の死角

バカ売れ「一時払い終身保険」の落とし穴
ニッセイ『夢のかたち』
明治安田『エブリバディ』

2011年09月08日(木) 週刊現代
週刊現代
upperline

 銀行の定期預金に預けておくより30倍以上も利回りがよくて、しかも株や投資信託より安心---こう聞かされれば、誰しもその商品に関心を抱くだろう。しかし、おいしい話には「ワケ」があった。

「高い利回り」が売りの商品

「退職金の運用方法について、銀行の窓口で相談したところ、『一時払い終身保険』をすすめられました。万が一の備えになるだけでなく、途中で解約しても『年率1%以上の利回りが期待できるので、定期預金よりお得』『相続税対策にもなる』というのです。その上で『退職金1500万円のうち、300万円を手元に残して、1200万円の一時払い終身保険に加入してはどうか』と。果たしてこれだけの大金を注ぎ込んでも本当に大丈夫なのでしょうか」

 こう不安を口にするのは、60歳で定年退職したばかりのある男性だ。

 銀行の窓口で販売している「一時払い終身保険」がバカ売れしている。契約時に保険料を全額支払う貯蓄型保険で、メガバンクの定期預金より利回りがいいため、その代替商品として人気を集めている。株や投資信託のように元本を大きく下回るリスクは小さく、法定相続人一人あたり500万円までの非課税枠があるので、相続税の節税対策にもなるなどの特徴がある。

 一方、銀行側にとってみれば保険料の3~5%の販売手数料が入るので、おいしい商品といえる。

 日本生命は、'10年12月に発売した一時払い終身保険『夢のかたち』のヒットのおかげで、'10年度の金融機関窓口における収入保険料は前年度より700億円も多い、過去最高となる4517億円を達成している。

『エブリバディ』などの一時払い終身保険を販売している明治安田生命は、さらにすさまじい。'11年4~6月期の銀行窓販の保険料収入は4704億円で前年同期の2.27倍。このうち一時払い終身保険の占める割合は4400億円というから、まさに稼ぎ頭だ。

「この超低金利時代の中、貯蓄性を兼ね備えた相続対策としての終身保険という特徴が、お客さまのニーズに合致したのではないかと考えています。当社の場合、契約者に多いのは60代と70代で、保険金額は500万~1000万円です」(明治安田生命広報部)

 生保・銀行業界には「追い風」も吹いている。「生保に加入しなければ追加融資しない」といった販売手法を防ぐため、これまで銀行が融資先企業の経営者などに対して一時払い終身保険を販売することは禁止されていた。しかし来年4月以降、それが解禁されるのだ。

「規制解除されたことで、一時払い終身保険は、今後ますます販売の伸びが期待されます」(保険コンサルタントの隆山唯史氏)

 販売しているのは日本生命や明治安田生命だけでない。住友生命の『充実クラブS』をはじめ、外資系も含む多くの生保各社が銀行の窓口を介して発売しているが、なぜ、ここまで一時払い終身保険が売れまくっているのか。

次ページ  その理由としてまず挙げられる…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事