経済の死角

1ドル50円、日経平均7000円時代到来
「超円高・超株安」ニッポン何が起きるか、読み切る

2011年09月05日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

 異常な円高・株安は「炭鉱のカナリア」。この国に目に見えない「有毒ガス」が充満しているという市場からの警告だ。針路を誤れば即死が待っている。戸惑うニッポンの迷走が始まった。

初めて見る光景

 円高・株安が止まらない。

 米国の「格付けショック」を契機に円買いが加速、76円から75円、そして70円を目指す動きに突入した。株式市場ではホンダ、パナソニック、ソニーといった優良銘柄が年初来最安値を更新、トヨタ、任天堂なども株価が〝低空飛行〟を続けている。

 こんな超円高・超株安で影響を受けるのは企業や投資家だけではない。企業が一斉に「自己防衛」のため海外脱出を開始、いわゆる企業城下町を中心に大変な事態が起きている。

 愛知県はトヨタを中心とした自動車工場、部品工場などが集まる日本の製造業の中心地。北見昌朗氏は常時200社以上の中小企業を顧客に持つコンサルタントとしてこの地をつぶさに見てきたが、最近の惨状は目を覆うばかりだという。

 北見氏が名古屋市内を歩いて回ると、名古屋駅前にタクシーがやたらと多い。2列3列で客待ちをするのは「初めて見る光景」。不況にあえぐ企業がコストカットを余儀なくされているのだろう、地下鉄やJRの構内を歩くと広告ボードはガラガラ。

 つい1~2年ほど前まで行列ができていた高級レストランや和食店は閑古鳥が鳴いている。「家族4人で1万円というようなお店にはもはや庶民は寄り付けなくなっている」のだ。

 背景にあるのは円高。中小企業は輸出でダメージを受けているうえ、大企業が発注先を海外に移転する「空洞化」で受注量が激減するか、納入価格を大幅に削られている。

次ページ  北見氏は愛知県に本社を持つ中…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事