吉原 清児:著 『医師がすすめる「最高の名医」+治る病院』 ED(勃起不全)・男性不妊症 ED治療薬・手術
永尾光一 東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター
(泌尿器科)教授
恥ずかしい、億劫だと考えず
治療に取り組むことです

ながお こういち
60年埼玉県生まれ。84年昭和大学医学部卒業。90年川崎病院部長。92年東邦大学病院。97年博慈会記念総合病院部長。99年東邦大学医学部講師。07年同准教授、北京大学客員教授。09年~現職
 
医師歴26年。形成外科8年、泌尿器科18年という異色の経歴を生かし、高度なテクニックに定評がある。結婚17年、中学生と小学生の息子2人

治療薬とカウンセリングで 男性の悩みを解消する

[取材・文:吉原 清児 写真撮影:森 清]

バイアグラの登場がED治療を変えた

がん、脳卒中、心臓病からメタボ、うつ、腰痛、目、歯の病気、不妊症、EDまで、 日本人に多い10の病気の名医と全国の実力病院を紹介!
名医シリーズ最新版!

吉原清児・著+講談社セオリープロジェクト・編
『医師がすすめる「最高の名医」+治る病院』

(講談社刊、税込み1,500円)
発売中
⇒本を購入する(AMAZON)

 東京都大田区にある東邦大学医療センター大森病院。前に訪ねた折、製薬会社のポスターが外来ロビーに張り付けてあった。EDの悩みを抱えたカップルの会話である。

妻「私のせい?」

夫「いや、俺のせい」・・・。

 EDとは、英語のイレクタイル(勃起)のEと、ディスファンクション(機能不全)のDを組み合わせた造語だ。男性の性機能障害の一つで、性交時に十分な勃起を得られない、もしくは維持できないことを指す。

 インポテンツ(不能)よりは耳あたりもよかったせいか、いつの間にか一般語と化した。