鳩山首相の「空想平和主義」を憂う
「安全保障」も「国際競争」も具体策なき施政方針演説

 鳩山首相の施政方針演説を聞いていて、何かむなしいものを感じざるをえなかった。「いのちを守りたい」と何度も叫びつつ、内政から外交まで一通り触れたが、情緒優先で具体的政策が見えてこない。この内閣総理大臣は、日本が置かれている国際環境の厳しさをまったく理解していないようである。民主党政権は日本を奈落の底に導こうとしているのか。

 「いのちを守りたい」のなら、まずは、国家の安全保障である。外国からの侵略やテロから日本の領土と国民を守り抜くためには、どうするのか。「日米同盟の深化」ということは言っているが、装備や編成などを含めて自衛隊のあり方をどうするのか、語っていない。

 普天間問題で、日米関係を悪化させ、日米同盟に亀裂が入ることを覚悟するのなら、自国の軍事力のみで国防を考えることも視野に入れなければ無責任である。

 かつての社会党は、米ソ冷戦下で日米安保体制が微動だにしないという前提、安心感の下に、空想的平和主義を唱えていた。根底にあるのは、アメリカへの甘えである。鳩山民主党もまったく同じである。

 一国の指導者たる者、世界史を振り返って歴史観を持たねばならないし、それに基づく将来展望が不可欠である。近代史のみをみても、列強が熾烈な覇権争いを展開しながら、国際システムを転換させてきた。

 そこにおける国力とは、軍事力、経済力、金融力、文化など様々な要因からなる。そのいずれが欠けても世界のリーダーとはなれない。

 しかしながら、鳩山総理は、「世界に新たな価値を発信する日本」として、日本文化をまず強調する。高校生の作文ならいざ知らず、国のトップリーダーとしては、あまりにも国際社会の現実から乖離しているのではないか。

 軍事力はまったく意味を失ったとでもいうのであろうか。世界と協調してテロと戦うという目的を持ったインド洋での補給活動をなぜやめたのかの説明はなく、感染症や疫病への対応として海上自衛隊の輸送艦を派遣する話や、地震で被害を受けたハイチへの自衛隊派遣が誇らしげに語られるのみである。

「富の再配分」だけで日本再生ができるのか?

 経済力についても、日本の国際的地位の低下への危機感が欠如している。日本がこれまで世界で発言権を持てたのは、経済力のおかげである。

 車やテレビなどの優れた製品を世界に輸出し、GDPで世界第二位だったからこそ、世界は日本に注目した。そして、世界の学者達が、その経済的成功の背景にある日本の文化や価値に興味を抱いたのであり、その逆ではない。「Japan as Number 1」や「日本的経営」が話題になったのは、もう遠い過去の話である。

 ところが今はどうか。今年は、GDPで第二位の地位を中国に譲りそうである。1月28日、オバマ大統領は一般教書演説で「中国もドイツもインドも経済の改善をただ待ってはいない。アメリカはその後塵を拝することに甘んじない」と述べたが、日本への言及はなかった。因みに、テロとの戦いに関しても、日本という国名は出てこなかった。

 最近は、外国の新聞や週刊誌を読んでいると、暗い気持ちになる。それは、「日本の凋落」、「過去20年間の日本の失敗」といった言葉のオンパレードである。この「凋落」や「失敗」とは、主として経済力の低下のことである。

 小泉改革で格差が拡大したことが、混乱の最大の問題だというのが民主党政権のうたい文句である。しかし、これは本当なのであろうか。確かにセーフティネットの張り方が不足していたことは否めないが、経済成長が十分でなかったこと、そしてその推進力の一つとなるべき構造改革が不十分であったことにこそ問題の本質がある。

 日本の企業が国際競争に勝ち抜くためにはどうすればよいのか、日本の税制や規制に問題はないのか。GDPや輸出を拡大することを考えずに、国富が減少している中で、富の再配分のみでどのようにして日本を再生できるのか。それこそセーフティネットを張り巡らす「原資」はどこから調達するのか。

 こうした問への具体的な答えがない鳩山首相の演説には失望を禁じえなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら